「数学なんか
何の役に立つかわかんな〜い。
算数なら買い物の時
役に立つけどぉ!」

という意見はよく聞きます。


買い物の時に連立方程式とか
使えなくは無いですけど、
使わなくても間に合いますよね。



こんにちは!

ポポンッと出版!
電子書籍プロデューサー&

スラスラ解る!
小林教室特別講師の

とがし としみつ です。



これに対する反論で
こんなのを見かけました。

「皆さん、
誰もが使ってるスマホ!

これを作るのには
とんでもない高等数学が
いっぱい使われているんですよ!

だから必要でしょ?」

というもの。


これ、全然説得力ないです。
アホかいな!と思いました。


スマホを開発するためには
必要だけど

ただ使うだけだったら
要らないでしょ!!


スマホを引き合いに出すんだったら、

「どうしてあなたは
ガラケーを使わなくなったんですか?」

という切り口が良いかもしれません。


電話をかけるだけなら、
簡単なメールをするだけなら、

断然ガラケーが使いやすいはず。

なのに…どうして?


それは…

いろんなアプリを載せることで
ビックリするくらい
いろんなことができるからですよね?


まさに、これなんです!

ガラケー = 算数
スマホ = 数学

だと思います。


簡単なことは
算数の方が断然手っ取り早いから良い。


でも、
数学が使えたら
本当にいろんなことができるんですよ!


「このアプリを使えば
これができる!」みたいに

「数学のこれが分かれば
これができる!」を
たくさん集めたのが
この本↓↓↓

「数学大百科事典〜
仕事で使う公式・定理・ルール127」

アマゾンのサイトはこちら
https://amzn.to/2SWnsSr
Kindle版は少し安いです
https://amzn.to/2SYAVsS


社会人向けのタイトルですけど、
私は
学生さんにオススメします。


数学を勉強してて…

「一体全体、これ、
何に役立つんだよ?」
と、
迷うことがあると思うんです。


私は度々有りました。


その度に
モチベーション・ダウン↓

でも、やっぱり、
やんなきゃいけないから…と
気を取り直して頑張る。


というロスタイムが
発生していたわけです。


そんな時、
この本は絶対に役に立つ!


ロスタイム激減です!


蔵本さん(著者)より
後に産まれたかったな…


ところで、
我が小林教室に通うMさん。


お子さんと一緒に
公文の学習をしています。


先日、質問がありました。


数学J教材(高1レベル)の中から。


「あー、ここか…」と思いました。


私も疑問に思ったんですけど、
時間が無かったので
知らんぷりして通り過ぎた所。


これに気づくのは
かなり数学的センスがある!


でも、Mさん。

フツウの主婦なんです。

学校の先生とか、
どこかの会社の研究職とか、
今度、ロケット打ち上げますとか、

そんなんじゃないんです。


でも、
数学を分かるようになりたい!という
明確な理由があるんです。


何だと思いますか?



↑↑↑こんな感じで、毎回お届けします↑↑↑

登録いただける方は

↓↓↓コチラをクリックして↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/D1Qr

メールアドレスを入力してください。
無料です!

登録確認のメールが届かない場合は、迷惑メール扱いになっている場合もあります。
フォルダ等ご確認の上、下記メールアドレスまで御問い合わせください。

totogax@gmail.com