最初に電話で話した時は「足が痛くて、最近腰も痛くなってきました」とおっしゃるので、坐骨神経痛と思った。でも、お会いしてみたら、歩き方が変だった。歩幅が小刻みで、足の指をしきりに動かしている。

「歩き出しは良いけど歩いているうちに辛くなる感じですか?それとも歩いていると痛みは楽になる感じですか?」と尋ねてみた。「えー、そうねぇ、変わらないかな…」。

「痛みは鈍い感じ?鋭い感じ?」と尋ねると「ピリピリするのよ」。

今までに無いパターンだ。

おしゃべりな方で、エピソードごとに症状を教えて下さるので、とても楽しい。しかし、楽しんでいる場合ではない。カルテに整理しなければならない。

時系列で整理するとこうなる。

異常を感じたのは半年前の12月。主治医からは貧血と診断された。「冷え」とも言われた。
「冷え性ということですか?」と尋ねると「冬で寒かったからね〜」という答え。後で分かったことだが、主治医の先生は漢方で有名な先生。「冷え」は漢方の診断だったと思われる。

2月には栄養失調と言われた。それから、ずっとビタミン剤を処方されて飲んでいる。

それから少しして、つま先がピリピリするようになった。それが足底、次に足の甲、ふくらはぎ、と少しずつ範囲が広がって、今は太腿まで来た。最近は太腿の筋肉が張る感じがして正座ができなくなってきた。立ち上がる時もフラフラする。

いつ頃にどこまで広がってきたかは日記をつけていたわけではないので分からない。しかし3〜4カ月くらいの期間で着実に進行している様子がうかがえる。

「お医者さんは何ておっしゃっているんですか?」「首を傾げているのよ(笑)」
どうも笑い事ではない。

「何か大きな病気をされたことはありますか?」「んー、最近は無いよ。」
本当かな…

「手術とかもやったことは無いですか?」「ああ、胃は取ったことあるよ。全摘。」
ほら、やっぱり。

「いつごろですか?」「20年以上前だよ。」
貧血って、悪性貧血?

「栄養失調って、ビタミンB12のことですかね?ビタミン剤というのはビタミンB12?」
「んー、総合ビタミン剤って言ってたな…」
なんてのどかな名前…。

「手術の後はずっとビタミンB12を飲んでたわけですよね?」「んー、飲んでたけど、もうここ何年かは飲んでないわよ。もう間に合ってるみたい。」

そんな話をしながら施術している間も、クライアントの足の指は絶えず動いている。仰向けでリラックスしている筈なのだが。

「今、足の指が動いているんですけど、ピリピリするから動かしているんですか?」と尋ねると、指の動きが止まった。意識すると止まるようだ。

「この次、お医者さんの診察を受けるのはいつですか?」「明日。また採血検査して薬の効きを見るって言ってた。」
急いで対処した方が良いような気がするな…。でも、明日なら良いか…。

「私の方の治療はどうします?」「肩が凄く軽くなったから、5日後くらいにまた頼むわ。その後はサクランボで暫く何もできなくなると思うから。」

しかし、とても気になったので、家に戻ってからネットで調べてみた。亜急性連合性脊髄変性症という病気が検索で現れた。

『チクチクする痛み・全身の脱力感・歩行困難』
ピッタリだ。

『ビタミンB12は肝臓に蓄えがあれば、3〜5年は間に合う。』
でも、全摘しているのだから、ずっと補わなくていいはずがない。

『欠乏症が確認されれば、ビタミンB12の注射補充療法を行います。経口投与薬では、ビタミンB12を吸収できない事が多いため、注射が有効です。』
注射をしたとは言わなかった。経口投与。しかも総合ビタミン剤!

『発症から早い段階で治療を行うと、後遺症が残る事は少ない』
え!遅かったら後遺症残るの?

『後柱及び側柱のミエリン鞘がまだら状に失われていくことによる亜急性・連合性の変性が認められる。』『MRI画像所見で確認する』『長期のビタミンB12欠乏症は、神経系に不可逆の障害をもたらす。』
不可逆!戻らない!

私はすぐに電話をかけた。
「主治医の先生がちゃんと考えて下さっているとは思いますし、私は医者ではないのでこんなことは言うべきではないのですが…」と前置きをして、上記のことを話した。
「サクランボが始まる前に注射くらいはしてもらった方が良いと思うんです!」

翌日、主治医と相談した後で、電話があった。
「総合病院に紹介状を書いてもらいました。なので、この次の先生の予約はキャンセルで…」
「勿論です。きちんと診てもらって下さい!」

「カルテ物語」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆