このクライアントとは長いお付き合い。初めて伺ったのは開業して間もない頃。その後、半年ばかりご無沙汰だったから、リピートはないと諦めていた。

その頃は還暦の少し手前で、バリバリ仕事をされていた。何十年と片頭痛に悩まされていて、市販の頭痛薬は常にハンドバッグに入れているとおっしゃっていた。

医学書では、頭痛は片頭痛・緊張型頭痛・群発型頭痛にきれいに分類され、それぞれに適切な対処法がある。私も開業当時はそういう知識を武装してクライアントに接していた。しかし、今どきその程度の知識を持たない一般人はむしろ珍しい。受け売りの知識をひけらかしてもウンザリされるだけ。自分の苦痛を和らげてくれるのでなければ、医学知識も何の値打もない。

市販の薬ではなく主治医に相談しては?という私の言葉は一蹴された。
「痛くなる前に飲むと効く薬なんて出してよこすんだよ。笑っちゃうよ。薬が本当に効いて痛くならなかったのか、痛くなると思ったけど勘が外れただけなのか、わかんないじゃない?それ考えてると頭痛くなる(笑)」
言われてみれば確かに可笑しい。私も一緒に笑った。

無の境地で触察。首のコリがひどかった。一度の施術では少しの変化しか起こらない。慢性的なコリなのだ。週に一度のペースで、数カ月治療を続けていただいた。

全く指が入らないほどコチコチだった首が、治療を重ねるごとに少しずつ柔らかくなっていった。翌週に伺うと必ずコチコチに戻っていた首が、それほど硬くない日もあるようになってきた。

ある日、「最近、頭痛薬飲んでないんだよ。飲まなくても済むようになってきた。」と嬉しそうに言って下さった。私も嬉しかった。

それから、不定期の治療に移行し、十数年のお付き合いになる。

家業の商売を継いで営業として働いてきた。彼女の営業力は素晴らしい。さらに業種を少しずつ変化させながら、激動の時代を乗り越えてきた。時代を読む力も抜群なのである。

それでも、今回の年末年始は、彼女にしては珍しく仕事の予定を余り入れなかった。
「忙しい日が続いたから、しっかり休もうかと思ってね。」と言っていたのが、師走の30日。
「ずっと家にいるつもりだから、年明け早々またお願いするかもしれないよ。そん時はよろしく。」
と言われ、「良いお年を」と挨拶してきた。

ところが、次に電話を頂いたのは、何と翌日。大晦日の朝だった。「朝起きたら頭がツカツカする」と彼女は表現した。なり始めの施術が肝心と、すぐに電話して下さった。有り難いことである。

首と肩のコリを入念にほぐし、鍼と灸も行った。「昨日は鍼も灸もしませんでしたからね…」と言って、再び「良いお年を」と別れの挨拶。

その次に電話を頂いたのは3日の朝。大晦日は、施術後は調子が良かったが夕方から痛くなり、元日は一日中眠っていた。2日はとても調子が良く、一日中仕事をした。3日の今朝は、またツカツカが再発。割れるように痛い時もある。

首と肩は確かに硬くなっていたが、すぐにほぐれた。ほぐれた後も優しく施術を続けながら、私はあることを思い出した。
「人によって違うんですが、片頭痛は休みの日になると頭痛になって仕事の日には治るという人もいます。○○さんの場合はどうでしたか?」
「そうだね。そういう傾向はあったね…」

そこで…

「しかし、お店をここまで大きくするには大変な苦労があったでしょうね。休むと頭痛になるから、休まず仕事されたんじゃないですか?」と言って、私は彼女の若い頃の苦労などを尋ねてみた。

昔は店が小さかったから来るお客も少ないので、周辺の地域を回って歩いた。山奥の小さな村にも行った。最初は仕事は貰えなくても、定期的に足を運んでいると、待っていてくれる人が出てきた。そこには今でも、どんなに忙しくても行くようにしている。

お風呂に入る時は脱いだ服をきちんとたたんで置くように躾けられていたので温泉でもそうしていたら、思わぬ良縁に恵まれた。後に姑となる人が見ていたのだ。旦那さんはとても優しい人だった。しかも、先見の明のある人だった。今まで取り扱っていた商品に見切りをつけて、別な商品に切り替えたのは旦那さんだった。

あるお客さん、老婆との出会い。自分の好きなものにお金をかける代わりに、他のものには一切お金をかけないという豊かな生き方。

「思えば、いろんな出会いに恵まれた。私は運が良いのよ。」
彼女は自分の仕事と人生を振り返って、そう総括した。

その言葉を口にした頃には、彼女は疲れを癒すために何日も横たわる人では無くなっていた。営業ウーマンとしての目の輝きを取り戻していた。

その後に彼女から電話を頂いたのは、一週間後のことだった。私は経過が気になっていた。
「あれから、いかがでしたか?」
「お陰様で、あれから絶好調で毎日働きました。今日も調子は良いんだけど、明日から出かけるから一回メンテナンスしとこうかと思って。」

「カルテから」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆