タブレットを手元に置きながら施術するスタイルを始めて一年になる。

これまでの経過を逐一チェックしながら施術できるので便利だ。

例えば、右肩が3月になると必ず痛くなるとか、本人は先月からの症状と言っているのにその兆候は半年も前から見えていたりとか、いろんなことをその場で発見でき、クライアントと共有できるのはとても良い。

「あそこにあるお店、何ていうんだっけ?定休日は?」とか、「あの建物に行く時は何本目の通りを入るんだっけ?」とか、「あの俳優、何歳なの?」とか、そんな質問に答えることもできる。

「それ、便利だね。」ということで、タブレットを買うことにしたクライアントもいる。

凝っている箇所の記録にはEvernoteを使っていたが、OneNoteに変えてみた。機能も充実してきたし、無料なのが魅力という評判を聞きつけたからだ。

使い方しだいだと思うのだが、カルテの記録はOneNoteの方が使い勝手が良かった。

しかし、pdfの文書内検索とか、カメラで文書を読み取る機能など、欠かせなくなってしまった機能がEvernoteにはある。一本化は難しい。

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆