「痛みを癒すヨーガ」〔原書【Yoga for Pain Relief】〕の「7.瞑想」(p119〜138)【meditation(p119-138)】を読みました。

マントラ瞑想(Mantra Meditation)は癒しの響き、言葉、語句を心の中で静かに、あるいは声に出して繰り返します。
【p125】Repeat a healing sound, word, or phrase, silently in your mind or out loud.

〔以下引用(p126)〕
・目を開けてても、あるいは閉じてても、どんな体勢でもよい。
・心に集中し、否定的な考えや感情を消したいとき。
・ストレスや痛みの症状が出ているあいだ、注意をそらせ、安心感・コントロール感・癒しの感覚をえるために。
・日常的な活動中に癒しの考えや感情を思い出すために。
・寝るまえに布団の中で、痛み・ストレスと関連した不眠症の克服のために。
・ほんの1分間または好きなだけの時間で実践する。

マントラは多くの精神的伝統の中に見られ、宗教的な書物、歌、詩などの洞察的な情報源からも取ってくることができます。祈りの言葉はよくマントラとしてもちいられ、精神的な慰めやつながり、癒しを求めて繰り返されます。
〔引用終り〕

ということなので、「南無阿弥陀仏」とか「南無妙法蓮華経」とか、光明真言とか、マントラと考えていいと思います。

さらに拡大すれば、自分の祈り、願いなども良いのではないかと思います。心理学的には、願いは未来形ではなく、既に実現できたというイメージで、過去形か現在完了形が良いのだと思われます。

〔以下引用(p128)〕
安心・愛・強さ・勇気・幸福・平和を感じさせてくれる音節ならば、何でもマントラになり得ます。お気に入りの祈りの言葉や詩、心が動かされる表現はありませんか。
〔引用終り〕

【p128】
Mantra can be any phrase that makes you feel safe, loved, strong, courageous, happy, or at peace. Do you have a favoriteprayer, poem, or inspirational sayng?

《インデックス》