「痛みを癒すヨーガ」〔原書【Yoga for Pain Relief】〕の「6.リラクゼーション」(p97〜118)【Moving the body(p97-118)】を読みました。

本章では、意識的リラクゼーション(conscious relaxation)とリストラティブヨーガ(restorative yoga)という2つのリラクゼーション方法を説明しています。

リラックスをする。脱力すれば良いだけのように思いますが、これが結構難しい。

例えば、凝っている箇所は無意識のうちに勝手に力が入っているのです。勝手に入っている力を抜くのは難しい。そもそも自分では入れてないんですから。

また、体のどこかに痛みを抱えている場合。それをこらえるため、それをかばうために力が入ってしまいます。これも脱力は難しいでしょう。

【p100】
Here's why: most of the tension you hold in your body is unconscious and unintentional. This is one way chronic pain can sneak up on you - unconscious habits of tension fly underneath the radar until suddenly the tension turns into pain. The problem is, you can't let go of tension you aren't aware of and aren't doing on purpose.

でも、訓練すれば、できるようになります。

意識的リラクゼーションは、体のある領域を選び、そこに緊張を作って、そして解き放つ、ということを繰り返します。リストラティブヨーガでは、いくつかのポーズが紹介されております。詳しくは本書をご覧ください。

《インデックス》