先日、瀧見館で蕎麦を食べてきた話を父にしましたら、父が泊まりたいと言い出しました。仕方がないので(笑)お伴することにしました。

蕎麦を食べたところとは別に、温泉街の上、滝を見下ろす形で「滝と蕎麦の宿 瀧見館」があります。

親方が叔父さんであることをいいことに、今晩のお料理の説明を聞く娘たち。


↑食事前の講話(2015/8/16 17:02)


そして、食事スタート。
スタート
↑クリックすると大きくなります(2015/8/16 18:02)


お献立はこんな感じ。
お献立
↑クリックすると大きくなります(2015/8/16 18:03)


あま〜い御酒が好きな私は、食前酒の山ぶどう酒が大好きです。娘たちの奪い取って、3杯いただきました。

前菜
↑前菜(2015/8/16 18:09)

蕃茄密漬というのはトマトでした。皮を剥いて蜜に漬けたんだったかな…おいしかったです。
ガーリック味の栄螺も良かったです。
ほおずき、初めて食べました。トマトみたいでおいしい。

差し味
↑差し味(2015/8/16 18:20)

紋甲イカが肉厚で柔らかくておいしかった。入れ歯の父もおいしくいただきました。
シャコに添えてある人参は蝶々。親方の技です。

このあたりで、「山形牛と庄内豚のしゃぶしゃぶ」を食べているのですが、肉の風味を邪魔せずに引き立てるホットアーモンドとの絡みが絶妙で、山伏茸・舞茸・コンニャクそうめんの食感も小気味よく、写真を撮るのを忘れました。

焼き物
↑焼き物(2015/8/16 18:37)

たて酢とありますが、「蓼食う虫も好き好き」の蓼のようです。これは初めて。付けなくてもおいしいけど、付けてもおいしい。
沢蟹は前菜に付いてた奴。

梅酒
↑梅酒のロック二杯目(2015/8/16 18:56)


凌ぎ
↑お楽しみのお蕎麦(2015/8/16 18:57)


凌ぎ
↑娘の分も食べました(2015/8/16 19:03)


香の物
↑尾花沢漬け盛り合わせは娘に取られました(2015/8/16 19:05)


煮物
↑吉次カマ。もうかなりお腹が苦しいのですが、おいしい(2015/8/16 19:12)


凌ぎ
↑お蕎麦の御代わりができるというので…でも別腹なので大丈夫(2015/8/16 19:18)


食事
↑ご飯なんて、もう入らない…と言いながら筍御飯完食(2015/8/16 19:27)


デザート
↑ラフランスのアイスと、冷凍で大玉のサクランボ。娘たちにあげようかと迷いつつも完食(2015/8/16 19:42)



↑食事後の講話(2015/8/16 19:53)

来るたびに、珍しいものを食べることができます。絶えず研鑚を積んでいるのが分かります。

食事の後は、大正ロマンの温泉街を散策。通称銀ブラ(銀山ブラブラ)。瀧見館は温泉街からちょっとだけ離れているので、バスで送迎してくれます。

↑銀ブラ(2015/8/16 20:41)