「痛みを癒すヨーガ」〔原書【Yoga for Pain Relief】〕の「2.ヨーガ 心・体・魂を再統合する」(p17〜22)【yoga:reuniting body, mind, and spirit(p17-22)】を読みました。

過去の経験によって間違った(?)学習をしてしまった結果、痛みや苦しみを感じてしまう神経ネットワークができてしまうことは、前の記事で書きました。キーワードは「神経可塑性(neuroplasticity)」でした。

【p20】
Modern science uses words like neuroplasticity to describe the process of learning from past experiences; yoga uses the word samskaras. Samskaras are the memories of the body and mind that influence how we experience the present moment.

... they are also a blueprint for how you will react to new experiences.

ヨーガではサンスカーラという言葉を用います。

これは、私が日常的に使っている言葉では「癖」に相当するんじゃないかと思います。

パソコンを使っている時、必ず肩や背中に力が入ってしまう。背筋を伸ばそうとしたとき、無意識に左側の筋肉だけ頑張ってしまう。立ち上げる時や立っている時、右の足ばかり頑張ってしまう。

もちろんneuroplasticityやsamskarasは、もっと深くて広い意味も含んだ概念だとは思いますが(ちなみに仏教でsamskarasは「行」と訳されています)。

【p20】
These habits keep you stuck, feeling the same emotions, thinking the same thoughts, and even experiencing the same pain.

ただ、ここで希望が持てるのは、これを打ち消すような癖を新につけたりしてリセットできるということです。これをtransformation(変容)と呼んでいるようです。

【p20】
Samskaras do not always lead to suffering-they can also lead to positive change. Just as trauma, illness, pain, and stress leave traces on the body and mind, so do positive experiences. Relaxation, comfort, joyful movement, gratitude, and other positive thoughts and emotions change the body, mind, and spirit. What you practice, you experience. What you practice, you become.

次回から、practiceの章に入ります。

《インデックス》