「痛みを癒すヨーガ」〔原書【Yoga for Pain Relief】〕の「1.痛みを理解する」(p9〜16)【Understanding Your Pain(p9-16)】の【acute pain vs. chronic pain】を読みました。

急性疼痛とは、ケガや病気に対して即座に一時的に起こる反応です。痛みがひどければひどいほど、ケガや病気も深刻です。

それに対して、慢性疼痛は、ケガや病気という脅威が無くても感じることがあります。痛いほどひどいわけではありません。さらに痛みが繰り返されることによって情報の混線が起こり、何でもかんでも痛いと感じてしまうようです。

【p13】
Many forms of chronic pain are best described as misguided learning signal about what is happening in your body than acute pain. The pain you feel may reflect a true threat to the body, but just as often, it does not. What it does reflect is a protective mind-body response that has become overprotective. In most cases of chronic pain, the mind and body have learned all too well how to detect the slightest hint of a threat and mount a full protective response in all its glory of pain and suffering.

これを詳しく理解するために必要なキーワードの一つが、「痛みの鋭敏化(pain sensitization)」です。

慢性疼痛に苦しむ人は、「次はいつ痛くなるんだろう」とか「もっとひどくなるんじゃないか」という不安を感じ、耳をすますようになります。無意識に神経系も同じように働いていき、血圧の上昇や緊張、体内の炎症など、どんな兆候にも反応してしまいます。なかには、手を軽く撫でられただけでも強烈な痛みを感じてしまうケースがあるようです。

このように、過敏に察知し、すぐに脳に伝達するように変化(学習)する能力が、神経にはあります。これを「神経可塑性(neuroplasticity)」と言います。

【p15】
Chronic pain doesn't only make you more sensitive to physical pain - it can make you more sensitive to any kind of physical, emotional, or social stress. This increased sensitivity is also thanks to neuroplasticity. Each pain experience that triggers a stress response strengthens the stress response. Repeated pain experience leads to increased sensitivity of the areas of the brain that detect not only pain sensations but all kinds of conflict and threat (Zhuo 2007; Goncalves et al. 2008).

肉体的なもののみならず、感情的、社会的ストレスまで同様に扱われるのは困ったことです。奇異にも感じます。

神経はon-offのデジタルで情報を伝達しますから、コンピューターに似ています。神経系も、全ての情報をデジタル信号で入手する情報処理システムです。コンピューターが、音声も画像も動画も文書も全て同じ0-1で扱っているのと同じように、神経系も肉体・感情・社会的ストレス等の情報を同じように扱っていることになります。そう考えると、出所が異なるデータをごちゃ混ぜにしてしまうのも仕方ないかもしれません。

【p15】
If it's getting hard for you to keep pain and stress separate in your mind, guess what: your nervous system has the same trouble. Because pain and stress are both survival systems, and because they so often go together, the nervous system can start to treat all threats - physical, emotional, financial, social, and so on - like physical pain.

財布の痛みまで腰や膝の痛みと混同してしまうとしたら…大変なことです。でも、これは事実のようです。

《インデックス》