ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
『仏教と現代物理学』(自照社出版)「第三章 仏教の意識論」(p154〜236)の「1.六塵の境界」(p155〜185)を読みました。

『般若心経』の「無眼耳鼻舌身意」についての解説です。一休さんの『般若心経提唱』での該当箇所を引用します。

《以下引用(p154)》
これは六根をあげて、皆空なりと説きたまうなり。六根というは、眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根、これなり。皆根の字をつけていうことは、草木の根あるが如し。根あれば、よく生ずるなり。その如く、眼根は、よく識を生ずるものなり。識とは、眼に見る時に、青黄赤白黒をよく見分くるものをいうなり。この識というものがなければ、見分くることならぬぞ。さてまた、識というものがありても、眼根というものがなければ、この識を生ずることがならぬぞ。たとえば、目をふさぎ、耳をふさげば、色ありといえども見えず、声ありといえども聞こえず。さるほどに、色を見る時は、識が眼根によって生ずるなり。声を聞く時は、識が耳根によって生ずるなり。残りの鼻根・舌根・身根・意根もかくの如し。
《引用終わり》

さて、般若心経全般に多用されている「無」ですが…。

《以下引用(p155)》
私は神道(山岳信仰)を信奉する友人から、山に入り、早朝、装束を身に纏って、皆と一緒に「六根清浄」と唱えながら、山頂を目指す「行」の話を聞いたことがある。六根とは眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根であり、私たち(の身心)に備わる六つの器官のことであるが、眼根・耳根・鼻根・舌根・身根の五つは身体(色身)に備わる感覚器官、意根は心に備わる知覚(分別)器官と分けることができる。ところが『般若心経』は「眼耳鼻舌身意も無く」(無眼耳鼻舌身意)という。しかしここでいう「無」とは、空ということであり、一休は六根をあげて、皆空なりと説きたまうと言い換えていることに注意しなければならない。早まって「眼耳鼻舌身意も無く」を、字義通り六根のすべてが無いとしてはならない。それはこの箇所にかぎったことではなく、実は先の「空の中には色も無く、受想行識も無し」(空中無色無受想行識)から「智も無く、亦た得も無し。所得無きを以ての故に」(無智亦無得。以無所得故)までを含み、かつ無というは、空というこころなり。空とは、有無を離れたるをいうなりを厳密に踏まえた「無」なのだ。
《引用終わり》

「六根清浄」は「どっこいしょ」の語源だとか…。

「無」と「空」の違いについては『龍樹』にも書いてありました。一休さんも、さすがにしっかり勉強していますね。

《インデックス》

《こちらのブログもご覧下さい》