自閉症の僕が跳びはねる理由【THE REASON I JUMP】の「14.声をかけられても無視するのはなぜですか?」(p40〜41)【Why do you ignore us when we're talking to you?(p51-52)】を読みました。

【p51】
A major headache for me, however, is that even when someone's right here in front of me, I still don't notice when they're talking to me.

'Not noticing', however, is not the same as 'deliberately ignoring'. But often people assume I must be arrogant or 'retarded'.

自閉症の方は、何かをしながら別の何かもするという並列処理が苦手なようです。今回の件もこれに起因しているように思います。

「〜しながら」ができないということは、ひとつのことに集中しているとも言えるわけですが、なかなかそうポジティブな捉え方ばかりもできないようです。

【p52】
A person who's looking at a mountain far away doesn't notice the prettiness of a dandelion in front of them. A person who's looking at a dandelion in front of them doesn't see the beauty of a mountain far away. To us, people's voices are a bit like that. It's very difficult for us to know someone's there and that they're talking to us, just by his or her voice.

So it would help us a great deal if you could just use our names first to get our attention, before you then start talking to us.

私は、娘の小学校に保護者として行くのが苦手です。よそのお母さんの顔が覚えられないので(特に女性は髪型を変えたりするからだと思う)、挨拶をしなければいけない人なのかそうでないのか、今挨拶をしたのは自分に対してなのか後ろに立っている人にたいしてなのか、戸惑ってしまうことばかりです。戸惑っているうちに、顔を覚えている人に挨拶するのを忘れたりすることもあります。

わざと無視するなんてことは断じてないのですが…。

《インデックス》