なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学の「第5章.すぐに使えるなんとなく好かれるテクニック」(p149〜184)の「第2節.好きになってもらうテクニック:5つの必勝法」(p160〜175)を読みました。(小林教室収蔵

その4&5.人は終わり方にこだわる

これについては場合分けされ、本書で詳しく述べてありますが、私的にはプレゼントのあげ方に集約されているような気がしました。とても良いプレゼントAと平均的なプレゼントBを準備してあるときに、
Aだけをあげる(A)
Bだけをあげる(B)
Aをあげた後にBをあげる(A+B)
Bをあげた後にAをあげる(B+A)
4パターンで、嬉しさの順番はA、B+A、A+B、Bとなるそうです。

AがあるんだったらBはあげない方がマシというのも面白い結果です。予算が決まっているのであれば、一点豪華主義の方が良いということですね。

返されたテストの答案は悪いものを隠しておいても後でばれますから、Aのパターンを選んだつもりでもA+Bのパターンになってしまいますから、それだったら最初からB+Aのパターンで見せた方が良いことになります。

私も子どもの頃はそうしていました。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆