ブログネタ
公立高校 に参加中!
山形県公立高校入試問題・理科・平成25年度(H25.3.10実施分)
「1」と「2」で配点は25点。

問1.
イ.は肺胞ですから、肺の話で、キンギョには肺はないですね。
ウ.は内出血のようなので有り得なくはないですが、異常事態ですね。
エ.は小腸での出来事でしょうか。
ということで、アが一番無難ですね。

問2.
レボルバー(revolver)は「回転するもの」。顕微鏡にも有ったんでしたね。拳銃しか思い浮かばなくなってました。
倍率を上げると、対物レンズは長くなりますから、プレパラートとの距離は短くなります。よくやるのは、きちんと合わせないでレボルバーを回してプレパラートにぶつけてしまうことです。あと、覗きながらレンズを接近させてしまって、スライドガラスに激突してしまうこと。カーバーガラスが割れる瞬間を、顕微鏡でしっかり観察した記憶があります。
望遠鏡もそうですが、レンズの倍率を上げると暗くなります。
ということで、エ。

問3.
解答には、白血球と血漿と書いてますが、血小板も可ですよね。

問4.
酸素が多い所では酸素と、二酸化炭素の多い所では二酸化炭素と結合するという素晴らしい物質。ただし、一酸化炭素があると、酸素には見向きもしないで結合してしまうのが玉にキズ(一酸化炭素中毒)。糖尿病を気にする年ごろになると、ヘモグロビンと言われればすぐ後ろにa1c(エーワンシー)がくっついてしまいます(笑)。
酸素と結びついているヘモグロビンは鮮やかな赤、二酸化炭素と結びついているヘモグロビンは暗い赤になります。

問5.
(1)W右心房→X右心室→肺動脈→肺→肺静脈→Z左心房→Y左心室という流れ。肺動脈を流れるのは暗い赤の静脈血、肺静脈を流れるのは鮮やかな赤の動脈血。動脈と静脈がここだけ逆です。

(2)肝臓でアンモニアを尿素に、腎臓で尿素をこし出して、体外に排出しています。

哺乳類や両生類は尿素ですが、鳥類や爬虫類は尿酸として排出します。陸上に卵を産む鳥類や爬虫類の場合、オシッコは固い殻のなかに貯蔵することになります。ところが、尿素はアンモニアに戻りやすい性質があるため、卵の中でアンモニアに戻ってしまうと大変困るわけです。このため、アンモニアに戻りにくい尿酸としてオシッコを出す必要があるのです。両生類の場合は固い殻がありませんから、水中に放出されるのでしょう。哺乳類の場合は、お臍を通してお母さんに送りだすので、尿素でも大丈夫なわけです。
鳥の糞は白い成分と黒い成分が混じっていますが、白いのはオシッコで、これが尿酸です。話がそれてしまいました。

【生物:キーワード】顕微鏡、接眼レンズ、対物レンズ、プレパラート、毛細血管、赤血球、白血球、血小板、血しょう、ヘモグロビン、酸素、二酸化炭素、心臓、右心房、右心室、左心房、左心室、肺動脈、肺静脈、肺循環、体循環、アンモニア、尿素、肝臓、腎臓。

《山形県公立高校入試問題・平成25年度(H25.3.10実施分)インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆