「新・ヒトの解剖」の「4.五臓六腑」(p68〜141)を読みました。(小林教室収蔵

腎臓のなかには腎小体(糸球体→糸球体嚢)が両方の腎臓を合わせて五百万個もあり、1分間で110mlの尿がこし取られるそうです。しかし、その後の尿細管でその99%が毛細血管に再吸収されます。なぜ、こんなまわりくどいことをするかと言うと…

《以下引用(p121)》
私たちの先祖は、海に生まれ、そこから直接に陸にあがったわけではない。まず、魚類の時代に海から河口をへて川をさかのぼり、海水から淡水へはいり、それから上陸したと考えられる。私たちの先祖は、塩分濃度の高い海水から塩分のすくない淡水にはいったとき、からだの浸透圧の調節という重大な問題にであうことになった。つまり、海水と私たちの体液(血漿)の塩分濃度はほぼおなじであるのに、淡水ではまわりの水のほうが体液よりずっとずっと薄いために、口やエラからどんどん水がからだのなかにしみこんでくることになる。そしてこのままでは、からだが水ぶくれになって、文字どおり溺死してしまう。そこで、大量にはいってくる水をいそいで排泄するために、糸球体→糸球体嚢、という排水機構を開発したのである。《引用終わり》

淡水魚の時代は入ってくる水をただ排出すれば良かったけれども…

《以下引用(p122)》
ところが、魚類から両生類・爬虫類に進化して、陸上生活に移行したのちは、水分を大量にすてる必要がなくなるどころか、むしろ適当な量の水分を吸収しなくてはならなくなり、いったん排泄した水分を再吸収、尿細管→毛細血管、という仕組みが追加された、というわけである。《引用終わり》

これはまだ、一つの説でしかないようですが、発生の過程でも、腎臓は前腎→中腎→後腎とまわりくどい経過をたどって完成されるので、正しいと考えて良いような気がします。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆