「大人のラジオ体操」の6番目「体を前後に曲げる運動」(p32〜p33)です。

この運動の目的は、脊椎を前後にまんべんなく曲げ伸ばしすることだそうです。

《以下引用(p33)》
ピラティス等ではこの動きを「ロールダウン」「ロールアップ」と表現しますが、おへその前に見えない鉄棒があって、その上でくるくるっと胴体を曲げ伸ばしするような感覚で、腰から背中の部分で体を丸くしていきます。
《引用終わり》

ロール状の動きというイメージは新鮮です。背骨一段一段を意識して伸ばすというのは、今までしたことがありませんでした。ただ、ストレッチには良いかもしれませんが、この形で重い物を持つのは厳禁だと思います。椎間板ヘルニアを起こしやすいような気がするので。重い物を持つときの背筋と腹筋は「背伸びの運動」の状態が良いはずです。

関与する筋肉として、腹直筋脊柱起立筋が挙げてあります。拮抗筋なので片方が縮んでいるとき、他方は伸びています。

背骨はどのくらい前後に曲がるのでしょう。運動学の本を見てみると、胸椎が76°(=4+4+4+4+4+5+6+6+6+9+12+12)、腰椎が29°(=12+14+15+17+20)で、全部足すと107°になります。

無理に反らすと椎骨の間の関節を痛めますので、気をつけましょう。



《「大人のラジオ体操」インデックス》