ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「第九章 ロンチェンパ」(p175〜196)を読みました。

今回は、「法性のバルド」と言われるチョエニ・バルドについて。

《以下引用(p183)》
ゥ船腑┘法Ε丱襯匹呂△覆燭凌粥憤媽身)が造り出す微妙な色彩と光に充ちたイマージュの世界であり、神話や宗教的象徴が生まれてくる領域でもある。『死者の書』では、寂静尊(シ)と忿怒尊(ト)の顕現として描かれている。寂静尊はダルマ・カーヤ(法身)が空の世界から形をとって現れてきたものだが、それを同じ空を本性とするあなたの心が投影した幻影であると悟ることができたら、あなたはサンボガ・カーヤ(報身)を得て仏になる。しかしそれができなければ、今度はサンボガ・カーヤが忿怒尊に姿を変え、あなたの前に現れてくるだろうが、それもまた恐れることなくあなた自身の姿にほかならないと悟るべきである。ゥ船腑┘法Ε丱襯匹妨修譴討る怒りの神々(忿怒尊)に限らず柔和の神々(寂静尊)もまた輪廻するあなたの心が投影した幻影に他ならないと知ることが大切なのだ。見るものと見られるものが同じあなたの意識の現れであり働きだと知れば、あなたの身体(意成身)はこれらの神々とひとつに溶け合い、たちどころに悟りに至る。とはいうものの、それは生前の越し方(修行)と密接に関係しているのであって、多くの場合望むべくもない。機根つたなく、「五日と半日の間あなたは無意識の状態にある」。そして次に目覚めるとあなたは業(カルマ)が巻き起こす幻覚に駆り立てられ最後のΕ轡弌Ε丱襯匹悗搬狹召靴討罎。
《引用終わり》

意成身は微細身と同じなようで、ルーミーの章の描写と比べてみると分かりやすいかと思います。

法身と報身について水野弘元氏は「仏陀には、仏陀の本質としての原理的仏陀の面(法身)と、修養努力によって完全の域に達した理想的仏陀の面(報身)…」という説明をされていました。例として、毘盧舎那仏(大日如来)は法身であり、阿弥陀仏は報身ということでした。『死者の書』での用法と若干違うような気もします。

次回は再生のバルド。

《インデックス》