「大人のラジオ体操」の2番目「腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」(p22〜p25)です。

脚をガバッと開く動作をするこの運動、おかしな動きをさせるものだと子供のころから思ってました。どう見てもコミカル。お笑い芸人がやるならともかく、NHKのテレビ体操ではレオタードを着た若くてきれいなお姉さん方がやっています。いかがなものか…とずっと思ってました。

ところが、本書によれば、「ラジオ体操第一を代表する重要なエレメント」で、バレエの動きとのこと。

《以下引用(p23)》
バランスをとる際に体幹筋が鍛えられ、つま先立ちで大腿四頭筋と下腿三頭筋が刺激されて脚のラインを、また屈伸でハムストリングスと殿筋群が刺激されてお尻の形を整えます。
《引用終わり》

体幹筋は前回の「背伸びの運動」でしっかりスイッチが入っているはずです。

「かかとが床につくのは一瞬だけ」というのがポイントで、その一瞬以外は下腿三頭筋(腓腹筋ひらめ筋)に力が入ります。ハイヒールは、この筋肉を美しく見せるために発明されたとも言われています。美脚のポイントですね。

この運動は頑張ってやれば脚全体の筋肉を使うことになります。が、脚は開くときより閉じる時に力が必要になりますから、股関節なら内転・内旋動作に関与する筋肉がより鍛えられるはずです。薄筋小殿筋半腱様筋半膜様筋長内転筋大内転筋など、主に大腿の内側の筋肉です。

この内側の筋肉群は普段の動作では使われにくい筋肉です。これを鍛えるとO脚の予防にもなりますし、今さかんにテレビで宣伝しているEXABODYのレッグマジックとほぼ同じ効果が期待できます。

バレエをやっている人や新体操の選手がやたらガニ股をするのは、大腿の正面にある大腿直筋をなるべく使わないようにするためだと聞いたことがあります。この筋肉が鍛えられて太くなると、大腿は非常に逞しくなり、女性の美脚では無くなってしまします。内側の筋肉は隠れて見えにくいので、これを使って、細い美しい脚を保つのだそうです。

こんなふうに見ていくと、この運動は、美脚のために非常に優れた運動であることが分かります。



《「大人のラジオ体操」インデックス》