ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「第七章 ジャラールッディーン・ルーミー」(p131〜151)を読みました。

今回は「夢、その二」(p141〜151)から引用します。

『自己認識への道』の第二部「トマスの福音書」のとっておきの結末に相当するのが、この中間世界(barzakh)の話でした。そこでは、無身体もひとつの身体と数えて三つの身体と呼んでいました。

《以下引用(p149)》
…人間は粗大身(肉体)と微細身(魂)から成り立っている。粗大身が滅びるとき微細身が現れる。これを…小復活という。大復活が、今生において真理(神)の世界に目覚めるのと異なり、小復活によって、肉体の世界と真理の世界の中間に位置する魂の世界(barzakh)へと入ってゆく。さらにこの中間世界(バズラフ)は大きくは、天国と地獄の二つから成り立っている。この世界は肉体(物質)の枷が完全に取り除かれた純粋イマージュの世界であるため、ある意味では現実より一層リアル、かつカラフルな世界と言えるかも知れない。微細身は粗大身に比して感覚が鋭いことも挙げられる。

…粗大身(肉体)の内側へと辿り、微細身に達すると、そこは魂の中間世界である。微細身に入ることであなたは肉体の世界を超越する(小復活)。さらに内側へと辿ると、やがてこれまで外側に見ていた宇宙さえもが消え去る無の本源に行き着く。あなたは無化されてもういない。つまりあなたは無身体となるのだ。このようにあなただけではなく、森羅万象が無の中へと消え去る心象風景を終末という。終末はあなたの死(フアナー)の体験と密接に結びついているのだ。そして無身体に入ることであなたは中間世界をも超越する(大復活)。その時あなたは神を映す無の鏡として、神(の身体)となる。あなたは自己の中に全宇宙を見、全宇宙の中に自己を見ている。善も悪も、天国も地獄も、ことごとくあなたのものであり、ありとあらゆるものの中にあなたは存在する。つまりあなたは全宇宙(マクロコスモス)となるのだ。

このようにどこに存在するのでもないが、あらゆるところに存在する無境界の人を指して、スーフィズムは完全な人間と呼ぶ。人間は、いまだ進化の途上にあるが、完全な人間は、その頂点なのだ。これこそ人間の究極の可能性であり、また存在の意味である。
《以下終わり》

《インデックス》