「新・ヒトの解剖」の「3.力こぶ」(p54〜67)を読みました。(小林教室収蔵

解剖の手順でいきますと、大胸筋小胸筋を開きますと、肋間筋が出てきます。

肋間筋は、前回のおさらいになりますが、バラとかカルビとかトロとか呼ばれ、塩漬けにして燻製にしたのがベーコンになるのでした。

そして、胸式呼吸の主役になります。

腹式呼吸の主役は横隔膜。もともとは舌骨下筋で、カエルなどがのどをふくらませて呼吸している筋肉の一部が、哺乳類では胸と腹の間まで下りてきたのだろうと考えられているそうです。

「人体の矛盾」の「肺の起源」のところで触れた内容と重なっていますので、そちらもご覧下さい。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆