ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「自己認識への道」(法蔵館)
「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第六章 自己認識と神認識」を読みました。

もう一つの道、神に与ることによって神のようになる道、すなわち自己認識への道はどういうプロセスを辿るのか。

例えば、学問は、主客に分かれて、知るもの(主)が知られるもの(客)に関する知識や情報を集める作業であるが、これは単に物知り(情報通)になるだけであって、知る主体である自分自身については知ることができない。それらは人間が知るべき究極の真理にはならない。

《以下引用》
そこで、自己認識への道は何よりも知るもの(主)が知られるもの(客)にならねばならないが、知る対象が転換され、自己を知ろうとしても、あなたが知るのは自分の内側で何の脈絡もなく行き交う思考と絶え間なく続くおしゃべりでしかないだろう。…だからそこには何もないと性急に結論を出し、外に向かえば、結局、過ぎ行く「世の富」を手にするだけで、イエスが言ったように、再び空のままこの地上を去ることになる。それゆえ、もう少しわれわれは内側に留まって、とりとめのない思考や感情の流れを、何の判断も下すことなく、ただ見ている必要があるのだ。すると、やがて妄りに起こるお喋り(言葉)と感情の乱れ収まり、あなたは一つに纏まって、沈黙の中へ入っていくだろう。

…この沈黙の中で、あなたがこれまで自分と見なしてきた自己の輪郭は曖昧になり、その深淵の中へと自己が失われてしまうような恐怖を覚えるであろう。というのも、あなたの個性を形成してきたものはあなたがこれまで良くも悪くも経験した心象(記憶)の集まり(蘊)であり、それが一滴の雫が大海に溶け合うようにプレーローマ(充溢)の中に消え去ろうとしているのだ。…

彼らの最後は再び彼らの始めのようになるであろう。つまり、存在していなかったものから出てきたように、やがて存在しなくなるものへと、再び戻ってゆくだろう。(『三部の教え』)
《引用終わり》

波が大海に消えていくようでもあります。

かつて、子ども手当の使い道に関する反論に使った論法にも似ています。

思い浮かべてごらん…「本当」の世界を、というのを書いたこともあります。

瞑想(止観双修)のプロセスですね。

《つづく》