ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「自己認識への道」(法蔵館)
「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第二章 神の国・地の国」を読みました。

《以下引用》
イエスが言った、「父の国は、荷物を持っていて、一つの真珠を見出した商人のようなものである。この商人は賢い。彼は荷物を売りはらい、自分のためにただ一つの真珠を買った。あなたがたもまた、衣蛾が近寄って食わず、虫が食いつくさぬ所に、朽ちず尽きることない宝を求めなさい」。(『トマスの福音書』76)

…イエスは、いずれわれわれは知識も物も人も全て後に残して一人旅立つことになる。その時われわれにとって本当に私のものと言えるのはわれわれ自身の内側に隠された、「朽ちず尽きることのない宝」だけであると言おうとしているのだ。…そしてイエスも言うように、「自分のために」というところが大切なのだ。宗教というと自分はさておき、他人を優先してと、ちっぽけな愛を振りかざす人がいるが、そうではない。…あなた自身が自らを整えない限り、あなたは何をやろうとも、無意識の内にこの地上に混乱とトラブルを持ち込むことになるからだ。
《引用終わり》

一見すると、イエスは真珠を買うことを薦めているようです。「真珠」とか「大きな富」というのは例えなわけで、われわれが自身の内に秘めた価値あるものを指している筈ですから、金銭的な価値ある物とは対極にある物なのですが、区別がつきにくい表現です。

しかし仏典でも、たとえば『如来蔵経』でも、「金塊」とか「宝蔵」という比喩を使っております。他の比喩というのはなかなか難しいのかもしれません。

《以下引用》
真珠はわれわれ自身の内側にある。…要は外側に向かっていたあなたの関心をあなた自身の内側へと向けさえすればいいのだ。道元はそれを「回光返照(えこうへんしょう)」と言い、「いかんが回光返照せずして、甘んじて宝を懐いて邦(この世)に迷うことをせん」と言った。内に隠された真珠(宝)を知りさえすれば、われわれは内にも外にも拡がる一なる世界(神の国)を知ることになる。この「一なるもの」こそわれわれが辿るべき道なのだ。
《引用終わり》

《つづく》