10月22日のバザー、無事終わることができました。多くの方々のご協力のもと、まずまずの成果を上げることができました。どうもありがとうございました。

昨年は、体験コーナーがどれほど受けるか分からなかったので、極力コストのかからないもの(プラ板・紙飛行機など)を行いました。今年は、ある程度の売り上げが見込めるということがわかったので、当てくじや飴つかみなど仕入れコストがかかるものを試してみました。ポップコーンも昨年の倍の量を準備しました。

結果としては、もっと仕入れても良かったんじゃないか?という意見が出るくらいの盛況ぶりでした。

バザーの方は、出品者に根付けをしていただいたので、作業がかなり楽だったようです。

今回は来年以降のことも考えて、現場での細かい判断は副会長さんや担当の方々にお任せしました。私たちも2年目ということもあり、昨年ほどの気苦労はなかったかなと思います。(昨年の反省を読むと、ウダウダ書いている分だけいろいろ悩んでいたことが分かります。

何より、驚き、嬉しかったのは、役員の皆様の素早い働きぶり。一言指示を出しただけで、どんどんと自分から仕事を見つけて動いて下さいました。反省会でも現場の貴重な意見をたくさん出していただきました。

幼稚園の先生方にもいろいろお手伝いいただきました。雨の中の駐車場係、室内の換気など、我々の行きとどかないところにも細やかな配慮をいただきました。

雨の中、たくさんの方に足を運んでいただきました。

皆様、本当にありがとうございました!!

《ひがしね幼稚園ブログ》

《つづく》