ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
くもんのすいせん図書(4Aの25番)「はなをくんくん」を読みました。

小林教室周辺の教室が共同で図書を購入して、巡回図書館のようにしています(通称「おにぎり文庫」)。今月の一冊でした。

冬眠している動物たちが、鼻をくんくんさせています。そして皆が「何か」を目指して集まり始めます。

何だろう?何が起こるんだろう?

動物たちが目指したものは小さな春の兆しでした。その小さな「何か」の周りにたくさんの動物たちが集まります。

原題は「The happy day」。春の兆しを感じた日、それが寒い冬を耐え続けて生きた動物たちにとって、とても幸せな日なんですね。

とてもシンプルな構成なんですが、読むととても幸せな気持ちになりました。