人間はそれほど単純ではない。自分の気持ちをひとつに表せるものではない。常にアンビバレントなものだと思う。その心の多様性は、種族の保存に遺伝的多様性が寄与したのと同じ機序で、個体の保存にも寄与するんだと思う。

「日本の力を信じてる」という宣伝。ウンザリするほどよく見かけるのだが、大戦の後に復興したように何とかなるだろう(もちろん、望ましい国の形で復興するとまでは期待してないが)と思ってる擬似楽観主義者の私にとって、この宣伝はむしろ不安を煽ってるように見える。「信じてる」ってこんなに執拗に呼びかけるのは、広告主がとっても不安なのだろうなと思う。つまり心の中には悲観論が渦巻いているんだろうなと思う。

心の中に楽観がある私にしてみたら、グラついてる今が良い機会だから、もう少しグラつかせて、こんな政治でいいのか?こんな管理能力のない国民が原発なんか持っていいのか?こんなに世界に迷惑をかけて恥ずかしくないのか?ということを問いかけて、日本が更生して真っ当な国になる方向に持っていきたい。

でもそれが逆に不安を煽っているように見えるらしい。この私が、不安でアタフタしてわめき散らしているとでも言うのか?

「お前はどうしようもないバカ野郎だ!」と言われて、「この俺がどうしようもないなんてことがあるか!」と悔し涙で踏ん張って成長し、苦言を呈してくれた恩師に感謝するというような人生を送ってきた我々と、「大丈夫!大丈夫!」と褒められて育ってきた世代との違いなのかとも思う。

私のやり方はこうだ。

大丈夫な人に「大丈夫だ」なんて言わない。「お前はもっとこうしなさい!真面目にやれよ、バカ野郎!」と言う。それが、そいつを信じるということだと思う。

ダメな人に「ダメだ」なんて言わない。「大丈夫だよ。君は強い人だ。何とかなるさ。」と言う。それは、そいつを諦めるということだと思う。

それが、私なりのアンビバレントだ。

でも世の中にはいろんな人がいて、いろんな考えがなければならない。多様性の無い社会は脆弱である。アンビバレントを持たない個人も脆弱である。要は、異論を持つ人同士が敵対せずに話し合うことだと思う。それぞれの持論は主張すべきである。それが愛国というものである。

しかしながら、そろそろ私も、「大丈夫だよ。日本は強い国だ。何とかなるさ。」と言うべき段階にきたのかな、と思い始めている。

《つづく》