〈起始〉:腓骨の外側面の遠位2/3の領域,前下腿筋間中隔,後下腿筋間中隔
〈・〉:長腓骨筋の下でアキレス腱と隣接(★崑崙),長腓骨筋の下で下伸筋支帯と隣接(★申脈),長腓骨筋の下(★金門),★京骨★陽輔★懸鐘
〈停止〉:第5中足骨の第5中足骨粗面

〈作用〉:足関節●底屈・足部●底屈●外がえし
〈神経支配〉:浅腓骨神経〔(L4)〜L5〜S1〕
〈筋連結〉:長母趾屈筋第三腓骨筋長趾伸筋長腓骨筋

〈触察〉:
・走行方向:腓骨の捻れた形状に沿って、腓骨の外側面を、前頭方から後尾方に螺旋状に走行する。
・足関節では:前側から短腓骨筋,長腓骨筋の順で上・下腓骨筋支帯におさまる。
・下腿近位1/3:長腓骨筋の筋腹のみが、腓骨の前外側面を覆う。
・下腿中央1/3:浅層の長腓骨筋と深層の短腓骨筋の筋腹が重なって、腓骨の外側面を覆う。
・下腿遠位1/3:短腓骨筋の筋腹のみが、腓骨の後外側面から後面を覆う。自動的に、足関節を底屈,足部を外反させると、短腓骨筋の腱が腓骨外果の遠位端から第5中足骨底に向かうのを視察できる。

〈関連痛領域〉
・外果の周囲(★崑崙★僕参★申脈★金門★京骨★丘墟★足臨泣)

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」