〈起始〉:脛骨の外側面の近位端,腓骨の前縁,下腿骨間膜,下腿筋膜
〈・〉:前脛骨筋と隣接(★豊隆),前脛骨筋長母趾伸筋と隣接(★解谿),短母趾伸筋と隣接(★衝陽)
〈停止〉:第2〜5趾の指背腱膜

〈作用〉:足関節●背屈・足部●背屈▲外がえし・第2〜第5趾●伸展
〈神経支配〉:深腓骨神経〔L4〜S1〕
〈筋連結〉:前脛骨筋長腓骨筋長母趾伸筋第三腓骨筋短腓骨筋

〈触察〉:
・停止腱:足関節前面を走行する腱のうち、内側方から3番目に位置する腱。足関節を自動的に背屈させると容易に視察。また、ここから第2〜5趾に向かう腱も見える。足関節では内側から前脛骨筋長母趾伸筋長腓骨筋第三腓骨筋の順で上・下伸筋支帯におさまる。
・内側縁:上記の停止腱の内側縁を脛骨の外側顆まで頭方に辿る。下腿部中央部付近では、脛骨前縁と腓骨外側縁の中央部に位置する。近位端付近ではそれより後外側方。
・筋腹:上記の内側縁と腓骨の間に存在する。下腿部の中央部付近では、本筋の後方から浅腓骨神経が皮下に現れる。



〈関連痛領域〉
・足の第2、第3、第4趾の背側全面

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」