ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「空海の夢」(春秋社)
「25.ビルシャナの秘密」を読みました。

ビルシャナ仏の前身は鬼神アスラである、というお話です。古代インドからの歴史的な変遷が書かれています。元は宮坂宥勝さんの論文のようです。

《以下引用》
華厳の教主となったヴァイローチャナは、ついで密教の大(マハー)ヴァイローチャナに再昇華する。これが大日如来であった。

アスラから数えて何度目の“脱皮”であろうか。しかも今度の、そして最後の“脱皮”は顕教から密教への一大横議横行の総決算であった。それはアスラにはじまった神から仏への、また多から一への最終的跳躍を賭けた「イコンの転位」という事件であった。

そればかりではない。乱暴にいうならば、仏教は中インドから南インドあたりで形成された般若や中観の直観哲学、いわば「空の哲学」という頂点と、これにたいするに唯識哲学をも組みこんだ「悲の哲学」という頂点との、ふたつの絶穎をきわめたのであるが、密教は時代的な流れからみても、この「空」と「悲」の統合をなんとかはたさなければならないところにさしかかっていたのである。新しいイコン、大日如来の性格は、こうした空悲不二の世界観にふさわしいものでもなければならなかった。仏教史上で最も巨大なイメージをもつ華厳のヴァイローチャナが密教理念の主人公のマハーヴァイローチャナとして選ばれた背景には、こうした全仏教史の成果を包摂したいという意図もひそんでいた。
《引用終わり》

遠くは古代イラン文明から始まり、ゾロアスター(ツァラトゥストゥラ)や奈良興福寺の阿修羅までつながってくる歴史物語はなかなかおもしろかったです。

もっとも大日如来は「全て」ですから、何とつながっていようが不思議はないのですが…。

《つづく》