ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「空海の夢」(春秋社)
「11.内は外」を読みました。

《以下引用》
密教は汎神秘主義である。その神秘を隠匿するか展示するか、そういう分かれ方もある。「神秘を展示する」とはいささか妙に聞こえようが、密教史をみているかぎり、半ば隠して半ば表立つという方針がとられてきたことは明白だ。では何を「内」にして何を「外」にするか。そこが結局は密教の本質を解く鍵になる。…
《引用終わり》

以下、『大日経』は内、『秘蔵宝鑰』は外、高野山は内、教王護国寺(東寺)や 綜藝種智院は外…という節分のような文章が続きます。

そして、不空はいささか「外」が勝ち過ぎていたと著者は評しています。不空によって、中国密教は頂点にのぼりつめました。ナショナル・サイズとして最大値に達しました。

その弟子恵果は、新羅の恵日・悟真、ジャワの弁弘、日本の空海ら異邦僧にも好んで伝法しています。

《以下引用》
…一国社会主義があるなら一国密教主義という危険もありそうだ。一国に密教をとじこめることは、「超越的内外」を眼目とする密教を、ふたたび「内」にのみ向かわせることになる。護国密教は、その国家が世界性をもっているならまだしも、恵果の時代の唐帝国のように凋落に向かっているときにはあまりにも狭すぎるフレームというべきである。恵果は“そこ”を理解したのであったろう。そしてその恵果の理解のあとに空海が続いたということが、空海の幸運だったと思われる。

恵果が空海を選んだのは直観による英断である。この英断がなかったら空海は空海でなかったかもしれない。

空海の歴史には多くの人物がカレイドスコープのごとく乱舞しているが、「空海の規範に影響を与えたものをただひとつあげよ」と言われたら、私なら好みもあるのだが、迷わず「恵果の倫理」をあげたいとおもう。恵果こそよく「内外」を知る才幹の人だった。
《引用終わり》

恵果という人は、歴史の上ではおとなしく、地味な存在ですが、凡庸な人であったはずがありません。こういう評価を見るとうれしくなります。

《つづく》