ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
くもんのすいせん図書(2Aの18番)「おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ」を読みました。(小林教室収蔵

おばけというのは一応現実から離れた世界のものであります。普通はとにかく恐ろしい存在だと思うのですが、子どもの話に出てくるおばけは可愛かったり面白かったりします。オバケのQ太郎がいい例ですね。

可愛くて面白いなんて、おばけ離れしています。

そこに蛍が現れました。蛍たちと協力してぴかぴかおばけが誕生するわけです。おばけはそもそも暗い所が好きなはずなんですが、おばけ自体が光るというのはおばけらしくありません。

そんなおばけのどろんどろんです。怖がりのお子さんでも安心して読めますね。