〈起始〉:腸骨の腸骨翼の外面で前殿筋線と後殿筋線の間と腸骨稜の外唇,殿筋膜
〈・〉:大腿筋膜張筋の下(★居りょう★環跳),大殿筋の下(★胞肓★秩辺)
〈停止〉:大腿骨の大転子の近位端の外側面

〈作用〉:股関節▲屈曲▲伸展●外転▲外旋▲内旋
〈神経支配〉:上殿神経〔L4〜S1〕
〈筋連結〉:大殿筋大腿筋膜張筋小殿筋梨状筋外側広筋

〈触察〉:
・補助線1:上後腸骨棘と大転子の外側端を結ぶ線。中殿筋の後縁に相当する。
・中殿筋後縁:補助線1を指標に、中殿筋と梨状筋の間の溝に指を押し込み、外側頭方に押圧する。
・補助線2:上前腸骨棘と、大転子の外側端から2横指尾方の部位とを結ぶ線。中殿筋の前縁に相当する。
・中殿筋前縁:補助線2を指標に、後頭方に圧迫する。
・補助線3:大転子の外側端から3横指内側方の部位から、頭方に引いた線。前部の厚い筋腹と、後部の薄い筋腹との境界。
・中殿筋:腸骨翼の外面で、補助線1と2に挟まれる扇状の領域に存在する筋腹。

〈関連痛領域〉
・殿部を覆う領域(★胞肓★秩辺)
・仙骨を覆う領域(★小腸兪★膀胱兪★中膂兪★白環兪★上りょう★次りょう★中りょう★下りょう★腰兪★会陽
・内側腰部にかけて
・大腿後面上部にかけて(★承扶

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」