ブログネタ
山形の温泉やレジャー、話題など に参加中!
先日、のびすく仙台について書きました。今回は鶴岡のひろっぴあです。

7日に行ってきました。とても暑い日でした。玄関ではちょうど帰る人がいて、職員の方がお見送りに出ていました。我々にも声をかけてくれました。

「ここは食べ物禁止なんですけど、何か食べているかな?」

よく見ると、長女の口が動いている
「スルメ…」と長女。何とも季節にも年頃にも似合わない物を食べていたものです。

「スルメか。お姉ちゃんも大好きだよ。噛めば噛むほど味が出るからね。ゆっくりここで食べてゴックンしてから入ってね。」
但し、調理・クラブ室という部屋がありまして、ここでは飲食可です。ここにスルメを持ち込んで…とも思ったのですが、残念ながら冷房なしなので諦めました。

主に遊んだのは幼児遊び室。冷房ありで、小学生以上の子供は立入禁止。長女もギリギリセーフです。プラレール、柔らかい大きな積み木、ママゴト用キッチン、粘土遊び、落書き、小型のトランポリン、すべり台等々、遊具も豊富。

子育ての悩みに答えるような本も何冊か並んでおりまして、ママゴトをしている子供に適当に声をかけながら読むこともできます。なかなか気の利いた配慮です。

しばらく、この部屋で涼ませていただきましたが、長女が別の部屋に行ってみたい!と言い出しました。

別の部屋で冷房がきいているところと言えば図書室。ところが、長女は嫌だと言う。小学生以上のプレイルームで遊びたいと…。

一輪車、中型のトランポリン、フラフープ、ボール、なわとび、エレクトーン、ベルトコンベアーみたいなやつ、屋根裏みたいな高い所(キャットウォーク?)等々、こちらも多彩。

冷房が嫌だと言う長女はプレイルーム、冷房が好きだという次女は幼児遊び室。子守りの私も冷房大好きなのですが、プレイルームは小学生未満の場合保護者付添が必須ですので、泣く泣く暖かい部屋で過ごしました。

2時間ほどいたでしょうか…まだまだ遊びたいと言う娘たちでしたが、お腹も空いてきたので出ることにしました。

屋外にはアスレチックもあります。長女は興味津々でしたが、真夏の太陽の下ではとても無理。見送りに出て下さった職員の方に「また来ます!」と言ってきました。

本当にまた行くことになると思います