〈起始〉:腸骨の上前腸骨棘のすぐ尾方
〈・〉:大腿直筋大腿筋膜張筋の上(★髀関),大腿直筋内側広筋の上(★箕門),薄筋の上(★曲泉★陰包)
〈停止〉:脛骨の脛骨粗面の内側方(浅鵞足:薄筋半腱様筋

〈作用〉:股関節▲屈曲▲外転▲外旋膝関節▲屈曲▲内旋
〈神経支配〉:大腿神経〔L2〜(L4)〕
〈筋連結〉:大腿筋膜張筋大腿直筋薄筋半腱様筋腸骨筋

〈触察〉:
・起始付近:上前腸骨棘から2〜3横指尾方の部位に指を押し込むと、縫工筋と大腿筋膜張筋の筋腹によって形成される窪みが有る。この窪みの内側方の筋腹(1〜2横指幅)。
・大腿三角:鼡径靭帯,薄筋長内転筋で形成される。恥骨結節のすぐ外側方に指を押し込んで、触察。
・大腿三角付近:大腿三角に指を押し込み、これを外側方に移動させたとき最初に触知される筋腹。
内側広筋と内転筋群の筋溝:大腿部の内側面の中央の高さで、前後長の中央部に指を押し込むと、頭尾方向に走行する筋腹(内側広筋と股関節内転筋群)の間の溝が触察できる。これを大腿三角から膝部まで辿る。この溝を大腿神経や大腿動脈が走る。
・大腿部:前項の筋溝に指を押し込んで、前後方向に動かすと、1〜2横指幅の筋腹が触察できる。これを大腿三角から膝部まで辿る。
・大腿骨内側顆付近:膝関節伸展位では、内転筋結節のすぐ後方を走行する。膝関節屈曲位では、2〜3横指後方になる。
・停止付近:大腿骨内側顆付近の筋腹を尾方に辿り、脛骨粗面のすぐ内側方まで、脛骨に向かって圧迫し触察する。なお、薄筋は、抵抗に対し、あぐらをかく動作(股関節屈曲,外転,外旋、膝関節屈曲)で容易に視察できる。

〈関連痛領域〉
・大腿の前面と内側。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」
参考文献3「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」