ブログネタ
山形の温泉やレジャー、話題など に参加中!
4日、銀山温泉に泊まりました。旅館はもちろん瀧見館(滝見館)。折しも3日には、藤屋さんが民事再生法の手続きに入ったという新聞報道がされたばかりでした。

その同じ3日、銀山には雪が降ったそうです。旅館に向かう途中、山を見上げて、次女が、「どうして山にペンキが塗ってあるの?」と言うくらい、まだまだ、山は白かった…

瀧見館の一階の部屋から見下ろすと、滝が目の前に見えました。「この滝、こんなに大きかったっけ?」とつぶやいてしまうくらい、雪解け水で滝が膨れ上がっていました。

滝の脇の小さな歩道には、滝を眺める観光客の姿がありました。その歩道も雪に阻まれて、それより先に進むことはできない。

夕食は、ホンマグロの刺身・尾花沢牛(識別番号付!)等々の「和」に、エスカルゴの「洋」がちょっとだけ入っていて、存分に楽しませていただきました。もちろん私は、蕎麦をおかわりして、部屋に戻るのもやっとなくらいでした。

でも、ダイエットはこういう日のためにある。決してドックのためにやるのではない。

さて、膨れ上がったお腹を抱えて、布団に入りました。いつものように川の字に寝ます。四人(妻と娘二人と私)なので、「川」にもう一本加わりますが。

この川も、外の滝のように荒れ狂いました。私のお腹に、娘の頭や足が乗っかってきます。

それでも、やはり、温泉はいいな。