Wiiで、テレビの画面を見ながら、運動するのが流行っているらしい。しかし、私は単にテレビを見ながらジョギングして、痩せました。だったら、Wiiなんか要らないじゃないか…。「エアー」でいいじゃないか。

去年の夏に実績がありました「お茶の間ジョギング」。期待以上の効果に安心してしまって中断してしまいましたが、今年の正月にルームランナーでゆっくりジョギングして7キロ痩せたという人に出会い刺激を受けまして、再開しました。

1月に餅をたらふく食ってた頃は68キロあったのですが、月1キロくらいのペースで順調に痩せまして、今月は63キロ台です。85cmのズボンもボタンができるようになりました。今月28日のドックが楽しみです。

今回は日本人の美徳とされるもったいないの心を完全に否定しました。食べたいと思った時(空腹感がある時)以外、何も食べない。もったいないからとか、お客様に勧められたからとかの理由では絶対に間食しない。これを心がけました。

でも、禁欲だけではストレスになりますから、食べたければ間食もいいことにしました。おいしければ脂身も食べる。甘いものも我慢しないで食べる。その代わり、しっかり味わう。「食べたい」という気持ちに素直になり、しっかり楽しむことを心がけました。

そしたら、体重がどんどん減っていくのです。今まで、頑張って頑張って我慢して我慢して、やっと痩せていたのに、今回はそういうストレスが全くありません。いくらでも続けられそうな気がします。

思うに、軽いジョギング程度の運動だと、むしろ食欲は抑えられるようです。

運動不足の体だと、体に入ってきたカロリーは余り使わないことを体も覚えているので、すぐに脂肪にしてしまい込もうとする。過剰にしまい込まれるために、むしろ脳はカロリー不足になり、空腹を感じる。

ところが、少しでも運動が習慣化していると、カロリーを余りしまい込まないので、脳も不足を感じない。

…というような話を、以前どこかで読みました。

でも、これを話すと、大抵の人は信じられないと反論します。運動したらお腹が空くだろう?と。

だから、私が痩せているのは病気になったからかもしれません。その辺のところもドックで明らかになることでしょう。

…ドックが楽しみです。