〈起始〉:上腕骨の内側上顆,前腕筋膜
〈・〉:円回内筋の上(★少海),長掌筋と隣接(★げき門),長掌筋と隣接で浅指屈筋の上(★間使★内関★大陵
〈停止〉:第2,第3中手骨の底

〈作用〉:
肘関節▲屈曲,前腕部▲回内
手関節●掌屈▲橈屈

〈神経支配〉:正中神経〔C6〜C7〜(C8)〕

〈筋連結〉:浅指屈筋円回内筋上腕二頭筋長掌筋,短母指外転筋

〈手根管〉:正中神経,長母指屈筋腱,浅指屈筋腱,深指屈筋腱,橈側手根屈筋腱が通過する。

〈触察〉:
・前腕部前面浅層の4筋:前腕前面の近位1/4の部位で、上腕骨内側上顆から前腕部前面浅層を尾方に走行する筋腹が4つ有る。橈側から円回内筋,橈側手根屈筋,長掌筋,(浅指屈筋),尺側手根屈筋
・手根部前面の3腱:抵抗に対して手関節を掌屈させると、手根部前面で3本の腱が浮き上がる。中央部で最も浮き上がるのが長掌筋腱、そのすぐ橈側が橈側手根屈筋腱、尺側に有るのが尺側手根屈筋

〈関連痛領域〉
・手首の掌側中央から外側へ。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」