〈起始〉:上腕骨の前面で三角筋の停止より尾方の領域,内側上腕筋間中隔,外側上腕筋間中隔,肘関節包の前面
〈・〉:上腕二頭筋腕橈骨筋の下(★尺沢),上腕二頭筋の下(★曲沢),上腕三頭筋と隣接(★手五里
〈停止〉:尺骨の鈎状突起と尺骨粗面,肘関節包の前面

〈作用〉:肘関節●屈曲

〈神経支配〉:筋皮神経,外側部の筋腹は橈骨神経〔C5〜C6〕

〈筋連結〉:三角筋上腕三頭筋烏口腕筋

〈触察〉:
・外側部:上腕骨の外側面中央部のすぐ尾方から、前内側尾方に走行する硬い筋腹。この筋腹に沿って肘窩の中央まで辿る。上腕筋の尾方に位置する腕橈骨筋との間を橈骨神経が走行する。
・内側部:上腕部の内側方から上腕二頭筋と上腕骨の間に指を押し込み、上腕骨の前面の遠位1/2の領域に存在する筋腹を、上腕骨に向かって圧迫して触察する。上腕筋内側部の筋腹の前方を、正中神経と上腕動脈が走行する。

〈関連痛領域〉
・肩峰までの上腕の前面、肘前面、母指基部の外側および後面。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」