〈起始〉:
【長頭】肩甲骨の関節下結節
【内側頭】上腕骨の後面で橈骨神経溝より内側尾方の部位,内側上腕筋間中隔【外側頭】上腕骨の後面で橈骨神経溝より外側頭方の部位,外側上腕筋間中隔
〈・〉:三角筋の下(★臑会),上腕筋と隣接(★手五里),腕橈骨筋と隣接(★肘りょう),★青霊★天井★清冷淵★消れき
〈停止〉:尺骨の肘頭

〈作用〉:
肘関節●伸展
・【長頭】肩関節▲伸展▲外転

〈神経支配〉:橈骨神経〔C6〜(C7)〜(C8)〜T1〕

〈筋連結〉:
三角筋上腕筋腕橈骨筋烏口腕筋長橈側手根伸筋小円筋

〈触察〉:
・長頭:肩甲骨の関節下結節から肘頭に向かう筋腹に沿って上腕部の遠位1/5まで辿る。
・内側頭:上腕骨の内側縁で上腕骨頭のすぐ尾方の部位と、上腕骨外側縁の遠位1/3の部位(橈骨神経溝)を結ぶ線を想定。この線と上腕骨の内側上顆,外側上顆,肘頭に囲まれた領域に存在する筋腹。長頭と外側頭の深部に存在し、橈骨神経を挟む。
・外側頭:上腕部の後面中央部で、長頭のすぐ外側方の筋腹。上腕部の遠位1/4まで辿る。

〈関連痛領域〉
・近位は上腕の背面から、肩の背面にかけて。
・遠位は手の背面、薬指および小指まで。
・肘の直上、前腕の掌側まで。

参考文献1「骨格筋の形と触察法」
参考文献2「クリニカルマッサージ」