【肩甲胸郭関節の動き】
挙上・下制:〔可動域〕上下方向に10〜12cm。
外転(屈曲)・内転(伸展):〔可動域〕15cm。
上下方回旋:〔可動域〕60°。
※肩関節外転の可動域(180°)=肩甲上腕関節の可動域(120°)+肩甲胸郭関節の可動域(60°)…肩甲上腕リズム(2:1の比率)。
 
【筋肉】
鎖骨下筋:下制●
小胸筋:下制● 外転● 下方回旋● 呼吸▲強制吸息
前鋸筋:外転● 上方回旋●
僧帽筋上部:挙上● 内転▲ 上方回旋●
僧帽筋中部:内転●
僧帽筋下部:下制● 内転▲ 上方回旋●
肩甲挙筋:挙上● 下方回旋▲ 頚部▲側屈 呼吸▲強制吸息
菱形筋:挙上● 内転● 下方回旋●

【胸鎖関節】
・鎖骨が胸骨,第1肋骨と連結する二重関節。鞍関節であるが、関節円板の介在で球関節の機能を持つ。上肢帯と体幹を結ぶ唯一の関節。
・〔靭帯〕前胸鎖靭帯,後胸鎖靭帯,鎖骨間靭帯,肋鎖靭帯。
・鎖骨末端は、上方10cm,下方3cm,前方10cm,後方3cmの可動性(基本肢位を基準とする)。
・鎖骨の軸旋範囲は、30°。
・運動制限因子は、下方は第1肋骨,前後方向は靭帯の緊張。

【肩鎖関節】
・肩峰と鎖骨を結ぶ平面関節。不完全な関節円板を有する。。
・〔靭帯〕烏口肩峰靭帯,烏口鎖骨靭帯(円錐靭帯,菱形靭帯),肩鎖靭帯。
・回旋範囲は、30°。(胸鎖関節の30°と合わせて、肩甲骨は体幹に対して60°の回旋可動性を持つ)
・回旋制限因子は、烏口鎖骨靭帯の緊張。

【肩関節】
・肩甲骨関節窩と上腕骨頭との間の多軸性の球関節。上腕骨頭が関節窩の3倍もあるため、骨性構造の安定性は低い。
〔靭帯〕烏口上腕靭帯,関節上腕靭帯,烏口肩峰靭帯。

【その他】
・肩甲骨は、前額面に対して30°,肩甲骨と鎖骨は60°の角度をなす。

参考文献1「基礎運動学」