ブログネタ
政治全般 に参加中!
何でもかんでもドンドン値上がりしています。みんな困っています。

商売をしている人間としては、何とか工夫をして何かを切り詰めて、自分はなるべく値上げをしないように頑張りたいものです。

しかし、こう何もかも値上げということになると、限界は来るでしょう。コストの上昇分を値段に上乗せせざるを得なくなる。でもこれは賭けであり、挑戦でもあるんですね。値上げをお客さんが受け入れてくれなかったら、賭けに負けることになる。負けないように、つまり高くても買ってくれるように、自分の商品なりサービスなりを磨かなければいけなくなります。だから、これも悪い面ばかりではない。

給料をもらう立場の人は、朝青龍のような賃上げ要求。これは当然でしょう。これも賭けとか挑戦という側面がある。雇い主の方もつらいからダメと言われるかもしれないけれど、交渉するのは悪いことではないと思います。「じゃあ、君はこの仕事をもうちょっと頑張ってくれたら上げてもいいよ」というような駆け引きがあるかもしれない。

こうやって、みんな頑張る。つらい時も辛抱すると、自分の仕事も磨かれるのです。だから、とにかく自助努力を試みるべき。みんなつらいんだから…

と思っていたのですが、国に泣きついた人たち(日本海漁業協)がいるらしい。燃料代を補てんして欲しいと言っているらしい。それは税金ですよね。そしたら税金まで値上がり(増税)しちゃいますよね。

原油高に限らず、いろんな事情で採算が取れず、商売変えまでしている人がざらにいるご時世です。みんなつらいんですから、国に泣きつくのはずるい。自分の腕は磨かず汚さず、他の国民に面倒みてもらおうということ。それだったら、頑張ってる人が馬鹿みたい。

値を上げるのならともかく、音を上げた海の男…男を下げたね。