トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

2016年04月

NHKの「100分de名著」でも取り上げられ、著者の岸見さんが出演されていました。何度も繰り返し聴いていた頃だったので、御尊顔を拝し奉り恐悦至極でした。

二人の対話形式になっていて、哲学書なのでしょうが、とても読みやすい(聴きやすい)仕上がりになっています。これはギリシア哲学の伝統を踏まえているからなのでしょうか。

「自分を変えられないのは、変わらない方が都合がいいから」という指摘がスンゴク響きました。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え


FeBe

We caught Mothra.

大けやき横綱(しめ縄)パレード、小雨と強風でとっても寒かったのですが、無事終わりました。




パレードのゴールは大けやき。学校に運び入れます。グーグルがアニメーションにしてくれました。
Google Photo

モスラが暴れています。
Google Photo

まな板に乗っかりました。
Google Photo

↑↑↑クリックすると、若干大きくなるかも↑↑↑

大けやきは、山形県東根市本丸南1丁目にあります。是非見に来て下さい。近くに来てもわからない時は、道行く人に尋ねて下さい。ちなみに「おおけやき」と言います。「だいけやき」と言うと通じません(笑)

運動野とか聴覚野とか、脳を機能ごとに分けるのはありましたが、これに脳番地という言葉をあてがったのは著者のオリジナルのようです。素人なので違いが分からないのですが(笑)

勉強をするときに、視覚で覚えたり聴覚で覚えたりイメージ(妄想)で覚えたりと、学生時代は駆使していました。これは、しまう引き出し(脳番地)が違っていたのですね。

体の使い方というのがあるように、頭の使い方というのもあるんだなと、気づかせてくれた本。



FeBe

メンタリストDaiGo一押しの本です。弟子入り(笑)して最初の頃に聴きました。

私はおもちゃ屋の戦略が一番面白かったです。子どもが小さい時には、クリスマス前後に踊らされていましたから。やっぱり術中にハマっていたんだ…と思いました。

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか


FeBe

*** The train which we get on is going to Moscow. ***

信市郎さんがマッサージ師だったということが判明した翌週、施術する部屋に行ってみると、彼は壁を背に座っていた。その目は遠くを見つめていた。そう、時空を超えた遠くを。

「燃えている…」と彼はつぶやいた。彼の視線の先を追ったが、火の気配は全くない。

「台所で火を使ってますか?」とスエさんに尋ねたが、「使ってないよ」と言う。

信市郎さんは視線の先を指差して、「山が燃えている。見えませんか?」と言う。

その方向に窓はない。山の絵や写真が壁にかかっているわけでもない。これは、調子を合わせた方が良さそうだと私は思った。「そうですね。煙が見えますね。」

すると、信市郎さんは視線を下ろし、周りを見渡した。ここは三畳ほどの部屋で、布団が敷いてある。

「この貨車はどこに行くんですか?」

全く訳が分からないが、付き合うしかない。「どこでしょうね…。私も分からないんですよ。」

「モスクワですかね?」

それを聞いてスエさんが笑い出した。信市郎さんがどこにいるか分かったのだ。

「お父さんはね、捕虜になってシベリアにいたのことがあるんだよ。そん時のこと思い出したんじゃないの。」

この二人の人生経験には頭が下がるばかりである。

「お父さん、モスクワまでなら時間もありますから疲れを取っておきましょう」と私が言うと、信市郎さんはうなづいて、布団の上に横たわった。

「訪問日記」一覧

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆

I took the panoramic photograph.

尾花沢市の徳良湖です。花笠音頭発祥の地と言われています。キャンプ場や温泉、尾花沢牛が食べられるレストランなどもあります。この時期は、湖の上を鯉のぼりも泳いでいます。




googleフォトがパノラマ写真を作ってくれました。

Google Photo
↑↑↑クリックすると、若干大きくなるかも↑↑↑

英語N教材の020までやりました。

100万匹ものアリがまるで一つの生き物のように動いている様子、そこから私たちも地球という一つの生き物の中の一人だと説く構成。日本語で読んでも十分面白いと思います。

Incas, Andes, llamas, Sumerians, linen, Homo sapiens など、日本語でしか見かけたことのない単語でした。

今、ちょうど「人体600万年史」を読んでおりまして、内容がかぶる所があり、楽しむことができました。

【Kumon for grown-up】英語〔N-020〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

Audipo is great!

アプリって素晴らしいですね。無料で凄く性能が良い。買ったとしても数百円なので、気に入ったものは感謝の意を込めて買うようにしています。

このアプリも購入決定です。でも、ご丁寧に無料お試し期間(一週間)まで用意して下さっています。

これは、Audipoというmp3を倍速(最大4倍まで)で再生するアプリ。倍率は0.01単位で設定できます。なので、FeBeのアプリも悪くはないのですが、こっちの方が断然良いです。

FeBeのデータはパソコンでダウンロードして、スマホに移して聴いています。




昨日紹介しました骨伝導ヘッドホンと合せて、右耳・左耳・骨から倍速の音声情報を流し込めます。

Bone Conduction Headset

メンタリストDaiGoが使っているというので、ずっと気になっていました。彼が買ったころと違って、何社かが骨伝導ヘッドホンを出していて値段も下がってきましたので、半年以上燻っていたのですが、やっと買いました。

marsboy NICE2です。




レビューにもありましたが、音漏れが結構大きいです。ですから、電車の中とかはダメでしょうね。

私は、家の中、車の中で使うためでしたので、全く問題無しです。

耳の穴は開いているので、ここにイヤホンを入れることもできます。これでDaiGoお薦めの荒技、3つのオーディオブックを倍速で同時に(右耳、左耳、骨)聴く体制が整いました。

↑このページのトップヘ