トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

2013年09月

けついんゆ:BL14(膀胱経 心包の兪穴)

〈取穴〉:第4、第5胸椎棘突起間の外1寸5分に取る。
〈標準〉:上背部、第4胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分。



〈筋肉〉:僧帽筋菱形筋

〈運動神経〉:副神経、頚神経叢筋枝、肩甲背神経。
〈知覚神経〉:胸神経後枝。

〈血管〉:頚横動脈の枝、肋間動脈。

〈主治〉:胸部苦満、心胸痛、神経衰弱、肋間神経痛。
〈特殊〉:

〈関連痛領域〉

参考文献1「経穴マップ」

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

ピューロランドのポストに投函したハガキが届きました(^-^)〔2013/8/3〕



父の切り絵、見てきました。山寺駅真正面の突き当たり、山寺ホテル跡にて〔2013/8/4〕



小さい時から何の絵か分からなかったのですが、大人になっても、植木屋さんが仕事用のハサミで鼻毛切りしているようにしか見えません。何の絵か分かる方いませんか?〔2013/8/5〕



工作できました(^。^;)〔2013/8/17〕



長女がマンガを描きました。見てやって下さい(笑)〔2013/8/18〕



次女もオリジナル絵本を書いていました…宿題そっちのけで(^_^;) 〔2013/8/18〕



最近、妙な食感のものが増えてますね。でも、嫌いじゃない(笑)近くの自販機ではずっと売り切れだったんですが、やっとゲット(^_^)v 〔2013/8/28〕

◆「お盆が来れば楽になるよ」といつもなら慰め合う時期なのですが、山形は今年になってまだ猛暑を経験していません。梅雨明けで今度は暑くなるのでしょうか…〔2013/8/3〕

◆寒いので、少し走ってから寝ます。〔2013/8/3〕

◆foursquareから伊勢そばのメイヤーを取られたというメールが来た…俺より行ってるやつがいるなんて…〔2013/8/4〕

◆メイヤー奪回のため伊勢そばに行ったら休み(+o+)〔2013/8/4〕

◆ザリガニとじゃれても動きが鈍くて全然挟めないので、ハサミを指でつまんでみたら、思い切り挟まれた…血が出ました(+o+)〔2013/8/6〕

◆「側転できる?」と次女。「できない」と答えたら「まだ無かったの?」って、どんだけ昔だよ!〔2013/8/7〕

◆No more Hiroshima, no more Nagasaki, and no more Fukushima!〔2013/8/9〕

◆ドックでメタボになってしまった…今年の夏は過ごしやすくて、夏バテしなかったのが敗因だな(^。^;)〔2013/8/12〕

◆夏休みが短いと親が忙しくなるんですけど…先生、何とかなりません?〔2013/8/17〕

◆昨日まではひたすら「暑」、今日は「雨」。一文字で表せる天気が続きます…〔2013/8/20〕

◆またしても伊勢そば臨時休業(-.-#)(-.-#)(-.-#) 〔2013/8/25〕

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「第十一章 慧能」(p221〜250)を読みました。

《以下引用(p245)》
覚者と呼ばれた人達が辿った道は文字通り孤独な道なき道であった。彼らは自らの終焉と永訣を受け入れ、ひとり太古の海に消えたのだ。衆多の生を経験する中で積み重ねてきた自分の消息すべてをその中に葬り、たとえ後人が彼らの足跡を訪ねようにも見あたらない。

私たちは愛するものの死に幾度か悲しみの涙を流したことだろう。しかし、自分自身(仮我)の永訣(死)と独り対峙して、たじろぐことなく無の中に消えていった高貴な人が果たして現代にどれだけいるだろう。私たちは見当違いのところで喜び、見当違いのところで涙する。
《引用終わり》

前出の『入鄽垂手』と併せ読むといいかもしれません。

《以下引用(p246)》
真の宗教者は、世界が幻影(夢)だと言われてきたという理由から、世界を放棄し、世捨て人になったりはしない。また一般にそう思われがちだが全くの誤解である。自らの本源に帰入すると、世界も同様に海中の漚(あわ)のごとく本源に消えるさまを見て、「この世は夢の如し」と言ったのだ。「菩提を得る者は、寤(さ)めたる時の人の、夢中の事を話すが如し」(『首楞厳経』)。否、それだけではない。今や自らの本源(自性)の中に全世界は玲瓏たる真実(タタター)を現したのだ。それでも彼らが少しばかり世捨て人のように見えるとしたら、それは私たちが見ているような二元論的な世界が自然に消えたのであって、この世界に背いてどこか外に真理を求めたわけではない。真理は求めずとも、今、ここにあると知ったのだ。
《引用終わり》

《インデックス》

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
I have finished 051〜060 of J1. The story is "Tour of London". I have never been to Britain. Big Ben is the symbol of London. I want to see it.

【Kumon for grown-up】英語〔J1-060〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

はいゆ:BL13(膀胱経 の兪穴)

〈取穴〉:第3、第4胸椎棘突起間の外1寸5分に取る。
〈標準〉:上背部、第3胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分。



〈筋肉〉:僧帽筋菱形筋

〈運動神経〉:副神経、頚神経叢筋枝、肩甲背神経。
〈知覚神経〉:胸神経後枝。

〈血管〉:頚横動脈の枝、肋間動脈。

〈主治〉:呼吸器系疾患、感冒、アレルギー、盗汗。
〈特殊〉:

〈関連痛領域〉

参考文献1「経穴マップ」

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

標準プラン
 触察33分2000円
  +鍼1本25円
  +灸1壮25円

詳細は以下のとおりです。

触察料:
標準(33分)で 1752円 (前月比+2円)
※100円(2分)単位で増減できます

出張費:
・人数に関わらず:278円 (前月比+38円)

追加項目:
・鍼25円(1本)、灸25円(1壮)

端数処理:
・百円未満は切り捨てとします

※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)100.1は7月のものです。
※当院の価格に対する考え方はこちら

・9月の価格

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
「オランダの個別教育はなぜ成功したのか」の「第2部 オランダ・イエナプラン教育」(p79〜195)「第一章 イエナプラン校を訪ねる」(p82〜142)の「サークル対話」を読みました。(小林教室収蔵

イエナプラン教育では、いろいろな形の「サークル対話」が行われています。

前出のブロックアワーで、グループリーダーが10人ほどの子どもたちを集めて何かを教える時、問題の解き方を説明するのは「インストラクション・サークル」、実験や見学や調査の仕方を説明するのは、「イントロダクション・サークル」。

登校して間もなく行われるのは「始業のサークル」、下校時に行うのが「下校時のサークル」、読み聞かせや朗読の練習をする「読みのサークル」、自分が書いた作文をお互いに声を読んで披露する「作文のサークル」、いろんなものを観察して意見を出し合う「観察サークル」、見学・調査・実験などの結果を報告する「報告サークル」などなど。

このサークルで、グループリーダーが気をつける点をメモっておきます。

《以下引用(p107)》
1.サークルの中で子どもが発言する場合には、必ず一人だけが発言するようにして、複数の子どもたちが同時に発言して混乱しないようにすること。
2.サークル対話で子どもが発言を始める時のルール(手を挙げるなど)を決めておいて、できるだけ子どもが自主的に発言するようにすること。
3.二人以上の子どもが同時に発言を求める時には、それまでに発言していない子ども、または発言の少ない子どもを優先するようにすること。
4.サークルに加わっている子どもたち全員が、サークル対話に加わっているか、つまり発言者の言葉に耳を傾けているかに注意を払うこと。
5.サークル対話は長く続ける必要はない。どんな場合にも、20〜30分以内には切り上げること。
6.サークル対話のテーマについては、繰り返しを避け、子どもたち自身のアイディアを取り入れること。これによって根幹グループの子どもたちが、一種の、独自の文化を作り上げるように導くこと。
7.まったく話をしない子、少ししか話をしない子どもに対しては、強制的に発言させることはせずに、発言を引き出すよう何らかの形で努力すること。
8.根幹グループ全体のサークル対話のテーマづくりやその準備などを、テーブルグループのような小グループでするよう、子どもたち自身に任せること。
9.子どもたちができるだけ小さい頃から、ほかの子どもの発言に対して何らかのコメントを加えることに慣れるよう刺激すること。
《引用終り》

前半の項目は当たり前のような気もしますが、最も基本的だと思われる「1」を守れない保護者(先生が学級懇談で保護者全員に対して連絡事項を告げている時に全く関係ないことを大声で話して平気な人)も最近はいるので、基本とも決めつけられないかもしれません。

「5」は、ダラダラするのを禁じていて、良いことだと思います。

「9」は、自分の意見をしっかり持ち、他人の意見も批判できるようにし、批判するなら傷つかないような言い方を身につける、ということだと思います。

《インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

ブログネタ
中高一貫校の素顔 に参加中!
序.中高一貫校の適性検査を読む

2013年度受験用公立中高一貫校適性検査問題集(みくに出版)より

1.青森県立三本木高等学校附属中学校(p6〜15)
2.岩手県立一関第一高等学校附属中学校(p16〜29)
3.宮城県仙台二華中学校・宮城県古川黎明中学校(p30〜38)
4.仙台市立青陵中等教育学校(p39〜44)
5.秋田県立大館国際情報学院中学校・秋田県立横手清陵学院中学校・秋田市立御所野学院中学校(p45〜51)
6.福島県立会津学鳳中学校(p52〜59)

7.茨城県立並木中等教育学校・茨城県立日立第一高等学校附属中学校(p60〜71)
8.栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校・栃木県立佐野高等学校附属中学校・栃木県立矢板東高等学校附属中学校(p72〜78)
9.群馬県立中央中等教育学校・伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校・太田市立太田中学校(p79〜83)
10.埼玉県立伊奈学園中学校(p84〜89)
11.さいたま市立浦和中学校〈適性検査1〉(p90〜106)
12.さいたま市立浦和中学校〈適性検査2・3〉(p106〜118)
13.千葉県立千葉中学校〈適性検査1〉(p119〜140)
14.千葉県立千葉中学校〈適性検査2〉(p119〜140)
15.千葉市立稲毛高等学校附属中学校(p141〜149)
16.東京都立桜修館中等教育学校(p150〜155)
17.東京都立大泉高等学校附属中学校(p156〜166)
18.東京都立小石川中等教育学校(p167〜179)
19.東京都立立川国際中等教育学校(p180〜188)
20.東京都立白鷗高等学校附属中学校(p189〜194)
21.東京都立富士高等学校附属中学校(p195〜203)
22.東京都立三鷹中等教育学校(p204〜213)
23.東京都立南多摩中等教育学校(p214〜221)
24.東京都立武蔵高等学校附属中学校(p222〜237)
25.東京都立両国高等学校附属中学校(p238〜248)
26.千代田区立九段中等教育学校(p249〜267)
27. 神奈川県立相模原中等教育学校・神奈川県立平塚中等教育学校(p268〜277)
28. 横浜市立南高等学校附属中学校(p278〜293)

29.新潟県立阿賀黎明中学校・新潟県立柏崎翔洋中等教育学校・新潟県立佐渡中等教育学校・新潟県立津南中等教育学校・新潟県立燕中等教育学校・新潟県立直江津中等教育学校・新潟県立村上中等教育学校(p299〜294)
30.新潟市立高志中等教育学校(p300〜307)
31.長野県立屋代高等学校附属中学校(p308〜323)
32.石川県立金沢錦丘中学校(p324〜328)
33.静岡県立清水南高等学校中等部・静岡県立浜松西高等学校中等部(p329〜340)
34.沼津市立沼津高等学校中等部(p341〜349)

35.滋賀県立河瀬中学校・滋賀県立水口東中学校・滋賀県立守山中学校(p350〜356)
36.京都府立園部高等学校附属中学校(p357〜367)
37.京都府立洛北高等学校附属中学校その1(p368〜373)
38.京都府立洛北高等学校附属中学校その2(p374〜380)
39.京都市立西京高等学校附属中学校その1(p381〜394)
40.京都市立西京高等学校附属中学校その2(p381〜394)
41. 和歌山県立向陽中学校・和歌山県立古佐田丘中学校・和歌山県立田辺中学校・和歌山県立桐蔭中学校・和歌山県立日高高等学校附属中学校(p395〜406)

42. 岡山県立岡山大安寺中等教育学校(p407〜413)
43. 岡山県立岡山操山中学校(p414〜415)
44. 岡山県立倉敷天城中学校(p416〜417)
45.広島県立広島中学校(p418〜424)
46.広島市立安佐北中学校(p425〜429)
47.福山市立福山中学校(p430〜434)
48.山口県立下関中等教育学校・山口県立高森みどり中学校(p435〜440)

49.徳島県立川島中学校・徳島県立城ノ内中学校・徳島県立富岡東中学校(p441〜449)
50.香川県立高松北中学校(p450〜452)
51.愛媛県立今治東中等教育学校・愛媛県立宇和島南中等教育学校・愛媛県立松山西中等教育学校(p453〜459)
52.高知県立安芸中学校・高知県立高知南中学校・高知県立中村中学校(p460〜464)

53.福岡県立育徳館中学校・福岡県立輝翔館中等教育学校・福岡県立門司学園中学校(p465〜467)
54.佐賀県立唐津東中学校・佐賀県立香楠中学校・佐賀県立武雄青陵中学校・佐賀県立致遠館中学校(p468〜475)
55.長崎県諫早高等学校附属中学校・長崎県立佐世保北中学校・長崎県立長崎東中学校(p476〜483)
56.熊本県立宇土中学校・熊本県立玉名高等学校附属中学校・熊本県立八代中学校(p484〜492)
57.大分県立大分豊府中学校(p493〜501)
58.宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校(p502〜513)
59.宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校・宮崎県立宮崎西高等学校附属中学校(p514〜521)
60.鹿児島市立鹿児島玉龍中学校(p522〜530)
61.沖縄県立与勝緑が丘中学校(p531〜537)

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

↑このページのトップヘ