トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

2013年07月

「新・ヒトの解剖」の「4.五臓六腑」(p68〜141)を読みました。(小林教室収蔵

骨盤の解剖です。

《以下引用(p124)》
まず、肛門と外陰部のまわりに残されていた皮膚をはぎ、肛門の周囲の結合組織をとりのぞくと、いつもはお尻のふくらみ(左右の大殿筋)の間でくぼんでいた肛門が、高い山のように突き出している。それは、直腸の下部につく肛門括約筋と肛門挙筋のためである。考えてみれば、肛門がくぼんでいるのはヒトだけで、他の動物では肛門がやや突きでているのがふつうである。こうしたくぼみに肛門があるために、ヒトでは排便の後、いちいちお尻をふかないと、不潔になってしまう。これはじつに不便なことである。直立姿勢を維持するために発達した大殿筋のために、ヒトはやっかいなトイレ生活を余儀なくされているわけである。
《引用終わり》

これは、「肛門いろいろ」とした記事にもありました。

《以下引用(p126)》
精巣は、睾丸ともよばれ、梅の実ほどの大きさのものが左右一対、股間にたれさがる陰嚢というひとつの袋にはいっている。ふつう右の精巣よりも左の精巣のほうがやや大きく、すこし下にさがっている。この傾向はチンパンジーなどのサルでも同様であるほか、ウシガエルのオスでも、左の精巣が右の精巣より大きいことがおおいので、脊椎動物にかなり一般にみられる現象らしい。

陰嚢の皮下には、肉様膜という薄い平滑筋の層があって、暑いときにはこれが伸びて垂れさがるが、寒いときにはこれが収縮して精巣をうえに引き上げ、表面をしわだらけにして保温につとめる。「おったまげる」というのは、魂が消えるという意味ではなく、びっくりした時に、たま(精巣)が上にもちあげられることに由来するという。
《引用終わり》

普通だったんだ…安心した。

《以下引用(p128)》
精管が前立腺にはいる手前に一対の精嚢という袋があるが、これは精子を貯蔵するとともに、精子に活力をあたえる粘液をだしている。精子は精巣でつくられるが、精子以外の精液は、この精嚢と前立腺で分泌される。前立腺でつくられる精液は、乳白色で栗の花のにおいがするクリームリンスのような液体で、射精のときには、精管・精嚢・前立腺・尿道の周囲の筋肉が収縮して、精子と精液をいきおいよく陰茎の先端の穴(外尿道口)から噴出する。
《引用終わり》

精子自体はあの匂いではないんですね…。

《以下引用(p130)》
男性のばあいは、一本の尿道が、尿と精液の両方の通路になっているが、これらは生理的にきちんとわけられて排出される仕組みになっている。すなわち、尿は、副交感神経が膀胱の壁の筋層を収縮させることによって排泄され、精液は性的興奮が頂点に達すると、交感神経がつよく興奮して精管・精嚢・前立腺・尿道などの筋層を収縮させることで射精されるのである。
《引用終わり》

きちんとわけないと、相手に失礼ですからね。

《インデックス》

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

ブログネタ
公立高校 に参加中!
山形県公立高校入試問題・社会・平成25年度(H25.3.10実施分)
「4」の配点は18点。

問1.ラジオが後のような気が何となくしましたが、一応いつなのか調べてみました。私の父の世代(昭和一桁)は旧暦(太陰暦)の方がしっくりするようなので、田舎ではしばらく併用されていたのでしょう。でも、こういったことに惑わされてはダメです。
ア.郵便制度創設:1871(明治4年)
イ.ラジオ放送開始:1925(大正14年)
ウ.西洋式ガス燈の使用:1871(明治4年)
エ.太陽暦の導入:1872(明治5年)

問2.初代県令の三島通庸などは、文翔館を見ておくと印象に残るかもしれません。

問3.日本の産業革命が製糸業(紡績業)から始まったことは、「野麦峠」を見ると印象的かもしれません。


問4.
ア.国際連盟脱退:1933
イ.ワシントン会議:1922(※ワシントン条約は野生動物保護のための国際条約(1973)で無関係)
ウ.ベルサイユ条約調印:1919
エ.五・一五事件:1932
第一次大戦→ウ:講和→イ:反省して軍縮→しかし日本は軍拡したい→エ:海軍将校によるクーデター→ア:軍拡→第二次大戦…という流れですね。

【日本の歴史:キーワード】文明開化、郵便制度、ラジオ放送、ガス燈、太陽暦、廃藩置県、中央集権国家、産業革命、八幡製鉄所、製糸業・紡績業、製鉄業、国際連盟、ワシントン会議、ベルサイユ条約、五・一五事件、女性の権利、財閥解体、東京オリンピック。

《山形県公立高校入試問題・平成25年度(H25.3.10実施分)インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

てんそう:SI16(小腸経

〈取穴〉:喉頭隆起の高さと天容の垂線との交点に取る。
〈標準〉:前頚部、胸鎖乳突筋の後縁、甲状軟骨上縁と同じ高さ。

〈筋肉〉:広頚筋、胸鎖乳突筋

〈運動神経〉:副神経、頚神経叢筋枝、肩甲背神経。
〈知覚神経〉:頚神経後枝、胸神経後枝。

〈血管〉:頚横動脈。

〈主治〉:頚項強、寝違え、咽喉腫痛、嗄声、舌骨下筋群麻痺、扁桃体炎、頚部リンパ節腫脹、耳鳴。
〈特殊〉:

〈関連痛領域〉胸鎖乳突筋

参考文献1「経穴マップ」

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「第十章 劉一明」(p197〜220)を読みました。

《以下引用(p213)》
…この場合、無は形(色身)について言われている。形が無くなれば、そこが直ちに虚無であるとは限らない。たとえそうであっても修道を経ていないあなたが知る由もない。次に、もしあなたが本当に後天から先天虚無の一炁に帰ることができたなら、さらに生を受けることはなかったであろう。あなたは凡から聖ともなり得たはずだ。しかし、実際は後天の炁が織りなすエネルギーの余習(積習之炁 )故に、輪廻する凡夫に甘んじていることから推して知るべきである…。

成道はあなたの本性である虚無に帰ることであったが、ここにとても微妙な問題がある。というのはあなたとあなたの本性は並び立つことはできないということ、つまりあなたが無とならなければ虚無の真源へは辿り着けないという矛盾なのだ。道(タオ)とはあなたが成し遂げる何かではない。むしろあなたが道への障害になっているのだ。それは修道における錬己からもうかがえる。道を達成するのはそれほど難しいことではない、難しいのは錬己だと道家は言う。「私」故に生死(有生有死)を繰り返しているのだから当然と言えば当然であるが、錬己は「私」を鍛えることではない。それは言うならば人の道。錬己は逆にあなたが無(無己)となるプロセス、言い換えれば、如何にして「有私」から「無私」になるかということだ。この無私になることが修道において最も難しいことなのだ。

ところで、有私(有我)と無私(無我)の違いは何に依るかというと、あなたが心を有するか、そうでないかの違いなのだ。有心ならば有私、無心ならば無私。劉一明の存在範疇は基本的には二つに分類される。

〕心すなわち有私……有生有死……有漏身……順造化――凡人の道
¬疑瓦垢覆錣遡技筺帖通祇弧技燹帖通杵蛙函帖諜嫗げ宗宗柔臺の道
《引用終わり》

以前の記事、「無自己実現」に相当する内容かと思います。


《インデックス》

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
前回同様、スマホで1〜600の範囲で乱数を発生させ、その番号の教材をやっています。

ルートが混じった不等式とか、真数>0とか、忘れてます。頑張ります。

【グラス片手に大人の公文】数学〔JKL-XXX〕
※この記事は、公文の教材を学習している方々と解く楽しみを共有するために書いておりますので、問題と模範解答は表示していません。ご了承下さい。
◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

けんちゅうゆ:SI15(小腸経

〈取穴〉:第7頚椎棘突起と第1胸椎棘突起間の外2寸に取る。
〈標準〉:上背部、第7頚椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方2寸。

〈筋肉〉:僧帽筋肩甲挙筋

〈運動神経〉:副神経、頚神経叢筋枝、肩甲背神経。
〈知覚神経〉:頚神経後枝、胸神経後枝。

〈血管〉:頚横動脈。

〈主治〉:肩こり、項強、肩背痛。
〈特殊〉:

〈関連痛領域〉肩甲挙筋

参考文献1「経穴マップ」

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

あそびあランドに行ってきました。山に少し登ると、遊具を一望できます。遠くに小さく見える白い山が月山です。〔2013/6/1〕



ぺそら漬け。尾花沢スイカの間引いた物の再利用なんでしょうけど、スイカより好き♡…スイカも好きだけど(笑)〔2013/6/14〕



寝ている間に着いた顔のしわ。何時間で消えるか観察中…今夜までには消えて欲しい。〔2013/6/23〕



歯を入れてみました(^-^)〔2013/6/23〕



毎晩虐待がひどいので、別居させました…〔2013/6/24〕

◆相撲大会見てきました。「誰のお婆ちゃん?」と聞かれた妻(゚o゚;今日は機嫌悪いぞ…〔2013/6/4〕

◆先日から私に6700万円譲渡下さるというメールが何度か届いておりますが…辞退させていただきます(笑)〔2013/6/7〕

◆今日は1億2000万円!税金が面倒そうなので辞退しますm(_ _)m〔2013/6/8〕

◆昨日から一時間に一回くらい何かに当選しています…もういいよ!〔2013/6/12〕

◆スマホ用のヘッドセットを愛用しています。父に「補聴器だ」と言ったら本気にされました。お父さん、こういう時は、いつものように息子を疑って下さい…〔2013/6/12〕

◆今日は施術中にお客様の血を吸おうとしている蚊を三匹つぶしました!お客様に手を出す奴は許しません!〔2013/6/19〕

◆「止まれ」というのを持って警官が出てきたのでビックリしましたが、後ろの車でした(^。^;)…いつもの白水川付近にて〔2013/6/24〕

◆ザリガニを学校に置いてきました。娘に持たせて通学の道中ずっとシェイクされるかと思うと、ザリガニがかわいそうなので…〔2013/6/24〕

◆そう言えば残酷な天使が言っていた。「共食いするんだから餌は要らないってこと?」…過酷なサバイバルがザリガニたちを待っている。〔2013/6/24〕

◆今度はザリガニで…また妻に言われました。「ザリガニには優しいんだね!」〔2013/6/25〕

◆今日は福山雅治からメールが立て続けに来ている…これでは騙される暇がない。〔2013/6/26〕

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
「ちょうどの学習×ちょうどにする指導」の「自学自習と教材の力」(p229〜389)の「数学教材から考える:教材と指導の一体化」(p342〜389)を読みました。(小林教室収蔵

《以下引用(p383)》
すこし以前に評判になった本に、リヒテルズ直子氏の『オランダの個別教育はなぜ成功したか―イエナプラン教育に学ぶ』(2006)がある。指導現場とバックヤードでおこなう指導サポートや教材制作の関係にオランダがどうとりくんだかの現場報告が書かれている。…
《引用終り》

この本、絶版のようですが、オンデマンド版があるようです。アマゾンで入手できるようなので、いま発注しました。

《以下引用(p385)》
戦後復興を成功裡に終えたオランダでは、高度成長のあと、旧秩序や旧体制を批判する動きが活発化し、伝統的なキリスト教倫理にささえられた旧来の社会が部分的に崩壊しだす。

とくに旧い画一的な教育では、同じ内容をただ反復するという授業形態が留年の原因になっていること、また、留年する子どもはわかっていない部分をもういちど学ばせるために、わかっている部分もくり返して学ばなければならない、という非効率な教育がおこなわれていた。こうした状況に対して、1965年ごろから学生を中心に批判の嵐がまきおこる。従来のように学習内容を学年ごとにヨコに決めるのではなく、タテに、つまり子どもの発達を、学校就学期間全体をつうじて継続的にとらえ、より包括的な形で組織していくべきだという意見が出されたのである。

自分の子どもをオランダの地方都市の学校に転入させようとしたときに、著者はおどろく。地方都市といえども、「自宅に一番近いところの学校に通わせようと思っても、歩いて買い物に行けるほどの距離のところに3つや4つの学校があるのがあたり前で、子供が自転車で通える範囲まで含めると、容易に10校前後が候補としてあがるのが普通だからです。選びたくなくても選ばざるを得ないのがオランダの小学校です」。

なにも同じ教育に統一する必要は、少なくとも子どもの側にはない。オランダではすでに憲法を改正して、教育の自由が確立していた。市民団体であっても、独自な理念や方法に基づいて学校をつくり、公立校と同様に国庫補助金を得て、教育活動が展開できるのである。オールタナティブ教育が受け入れられる素地ができあがっていたのだった。

オールタナティブというのは、従来型の教育法に対して代替的な方法を提唱するさまざまな教育思想家によってつくられた教育、既存の教育にとって代わる別の教育、という意味である。ここで既存の教育といわれるのは、長いあいだ習慣とされてきた、同じ年齢の子どもを一つの教室にあつめ、先生が教壇に立って、おもに一方通行で知識を伝達し、子どもはそれを受け身的に習うという形式の教育のことである。

こうして比較的小さな学校が街の辻にならぶという、日本ではちょっと見られない光景ができあがる。カトリックの学校、プロテスタントの学校、モンテッソーリの学校、シュタイナーの学校、イエナプランの学校(学校を協同社会として位置づけ、部分的ではあるが、無学年制をしく。集団学習と個別指導を両立させるユニークな教育をおこなう)、という具合である。もちろん、行政もこの動きに積極的にからむ。
《引用終り》

つまり、学習塾のように、学校が町に点在しているということですね。

《以下引用(p386)》
1976年には「国立カリキュラム開発研究所」ができた、そして、「教育サポート機関」が全国各地に公費で設置された。国家事業として、教材の開発、制作、そして、指導法の研究、支援が組織的におこなわれたのである。学校の指導者に自由裁量権をもたせたがゆえに、教材開発など、バックヤードの仕事との関係も構築されていった。移民を積極的に受け入れてきた国柄である状況から反転して、まったく新しい教育行政の道をひらいている。

こうしてオランダの学校では、「個別教育」をベースにして、このほかに、自分の進度に応じてどんどん挑戦的に先にすすんでいく「自立学習」と、ほかの子どもたちとの相互学習をつうじて、その関係の築き方や役割分担の仕方などを学ぶ「共同学習」がおこなわれるようになる。自分の発見や関心事をほかの子どものそれと比べることによって、おたがいの性格や適性の発見につなげていく考えである。これら3つの、方法のちがう教育をじょうずに組み合わせて、子どもの発達を多方面からはぐくむのだ。個別学習や自立学習があってはじめて、共同学習が成り立つ、これは新しい学力観を提示し、「総合的な学習」を取り組もうとして、道半ばで頓挫したわが国の教育行政に大きなヒントになるのではないだろうか。
《引用終り》

それぞれのお国柄があると思うので、日本でオランダのような方法が実現できるかは分かりません。わが国の場合は、行政が絡むと本来の目的から遠ざかってしまうような気がしますし。逆に、オランダの学校のように町に点在している学習塾がそれを担っていくべきなのかもしれません。

そもそも、公文式は創立時からそれを目指しているということかもしれませんが。



《インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

ブログネタ
中高一貫校の素顔 に参加中!
2013年度受験用公立中高一貫校適性検査問題集(みくに出版)の「熊本県立宇土中学校・熊本県立玉名高等学校附属中学校・熊本県立八代中学校」(p484〜492)を読みました。(小林教室収蔵

〈適性検査問題供
「1」問題1.問題2.



「1」問題3.



〈適性検査問題機
「木の声が聞こえますか 日本初の樹木医・塚本こなみ物語」池田まき子〈岩崎書店〉からの出題。

《インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

↑このページのトップヘ