トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

2013年01月

ブログネタ
中高一貫校の素顔 に参加中!
2013年度受験用公立中高一貫校適性検査問題集(みくに出版)の「 長野県立屋代高等学校附属中学校」(p308〜323)を読みました。(小林教室収蔵

〈適性検査1(p308〜314)〉
【問1】
誠さんは3回目までの合計が17点。健さんはそれを1点上回ったということなので18点になった、つまり3回目だけで11点獲得したことになります。11日は金曜日なので、かねへん(8画)を除いたところの画数が11画、総画数で19画の漢字ということになります。解答には(例)として「鏡」が書いてありますが、小学校で習う漢字で該当するのはこの1字しかないようですし、本文中に「部屋にあったあるもの」とありますから、「鏡」以外には考えられないようです。

【問1】
満:「水」+9画。9日は水曜日なのでOK。
松:「木」+4画。4日は金曜日なのでNG。
鉄:「金」+5画。5日は土曜日なのでNG。
様:「木」+10画。10日は木曜日なのでOK。
書:「日」+6画。6日は日曜日なのでOK。

【問2】(3)
B:1118÷391≒2.86:「3倍近く」
D:29128÷94485≒0.308:「約3割」

【問3】(4)
なつみさんの発言から、月曜日に4-1と正副委員長が入ることは確定。6年生は金曜日がダメなので、火曜から木曜まで下欄は6年生が入ることになります。5年生は火曜日がダメなので、火曜日は4-2が確定。5年生を水曜から金曜に配置すると、4-3は金曜の上欄にしか入れません。つまり、解答のパターンしかないですね。

〈適性検査2(p314〜321)〉
【問1】(2)
表1から○が3点、△が2点、×が0点であることが分かります。よって、1組は5点なので1勝1敗1分け、2組は8点なので2勝1分け、3組は2点なので2敗1分けであるはず。4組は6点なので3分けか2勝1敗のどちらかになりますが、他の組の勝敗数と辻褄が合うのは3分け。

3組(2敗1分)は4組との対戦で引き分けたことが確定。2組(2勝1分)も4組との対戦で引き分けたことが確定。以上のことから、1組(1勝1敗1分)は2組に負けて3組に勝ち4組と引き分けということになります。

【問1】(3)
学くんのクラスは30人で、女子は2人多いのですから、女子16人男子14人。よってお姉さんのクラスは、男子が同じ14人、女子はそれより7人多くて21人、合計35人。21÷35≒0.6で、60%になります。

【問1】(4)
私、音楽は大の苦手なので、楽譜を見てビビってしまいましたが、よく見たら物理の問題ですね。最初の「ド」が61.2cmで次の「ド」はその半分の30.6cmです。弦の長さが半分で周波数は2倍、これが1オクターブということです。図5は「シ」ですから、1オクターブ上の「シ」を見ると32.4cmなので、32.4×2=64.8〔cm〕。

【問1】(5)
2つの一次関数の交点として、解いてしまいました。白熱電球の方はy=(76/100)x+210、LEDの方はy=(16/100)x+1380。これを等号でつないで解きますと、x=1950〔時間〕。

【問2】アサガオが暗くなってからの時間で開花するとは知りませんでした。勉強になります。

【問3】(1)
あ:直径5mの円ということになりますから、ここには(半径)×(半径)の値が入ります。つまり、2.5×2.5=6.25。

い:1辺4mの正方形の対角線を直径とする円ということになります。その円の(半径)×(半径)の値がここに入ります。これは、三平方の定理と無理数を知っている人間にとっては何でもないことなんですが、それを習っていなくても出せるようにしてあるところがこの問題の巧みなところですね。

1辺4mの正方形の対角線の半分を便宜上rとしましょう。そうすると、r×rは対角線の長さが4mの正方形の面積と等しくなります。つまり、4×4÷2=8です。rを問う問題にしてしまうと、2√2ということで無理数を習っていなければ答えられないのですが、その2乗を問う問題にすれば小学生でも答えられます。

【問3】(3)
私も解答の通りになりましたが、ア⇔イ、ウ⇔エ、それぞれ交換できますね。

【問4】(1)
32÷16=2〔回転〕

【問4】(1)
2〔回転〕×200〔cm〕=400〔cm〕

【問4】(3)
小学生の解き方ではないと思いますが…学さんの方の歯の数をx、妹さんの方の歯の数をyとします。学さんが進む距離は32÷x×200=6400/x。妹さんが進む距離は28÷y×160=4480/y。これが等しくなるので、x:y=6400:4480。これを約分していくと、20:14になります。

〈適性検査1(p323〜322)〉
古谷千佳子著「私は海人写真家」〈岩崎書店〉からの出題です。

中くらいの難しさで、考え抜かれた問題という印象を受けました。アサガオのこと、オクターブのことなど、読んで面白い問題が多かったです。しかし、ボリュームが多いですね。それでも全部解ける子は居るんでしょうね…。

《インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

ST01:承泣
ST02:四白
ST03:巨りょう
ST04:地倉
ST05:大迎
ST06:頬車
ST07:下関
ST08:頭維
ST09:人迎
ST10:水突
ST11:気舎
ST12:缺盆
ST13:気戸
ST14:庫房
ST15:屋翳
ST16:膺窓
ST17:乳中
ST18:乳根
ST19:不容
ST20:承満
ST21:梁門
ST22:関門
ST23:太乙
ST24:滑肉門
ST25:天枢
ST26:外陵
ST27:大巨
ST28:水道
ST29:帰来
ST30:気衝
ST31:髀関
ST32:伏兎
ST33:陰市
ST34:梁丘
ST35:犢鼻
ST36:足三里
ST37:上巨虚
ST38:条口
ST39:下巨虚
ST40:豊隆
ST41:解谿
ST42:衝陽
ST43:陥谷
ST44:内庭
ST45:厮

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「第八章 シャンカラ」(p153〜174)を読みました。

これまでにも何度となく悟りへの過程を描いた文章を見てきましたが、今回はアートマンとブラフマンが出てきます。

《以下引用(p169)》
さて、覚醒のプロセスの中で確かにあなたは自分自身を失うことになるが、それは偽りの「私」であって、真我まで失うのではない。偽りとは、「私」はどんな夢(マーヤ)でも見るということだ。そして生死もまたあなたが見る夢の一つに過ぎない。…

因に、見ていたのは生死の夢だけだろうか。あなたは人間という夢をも見ているのではないだろうか。私は人間であるという夢。だが、人間であるあなたが、人間の夢を見るとは考えられない。ではあなたの夢を見ているのは一体誰であろうか。端なくもこんな疑問が脳裏をかすめるが、結論からいうと、究極の実在であるブラフマン(Brahman)があなたの夢を見ている。というよりは、あなたは夢を見ているブラフマンであるということだ。無限の多様性を見せる夢は、ことごとくブラフマンの宇宙的戯れ(コスミックリーラ)であり、人間もその一つなのだ。「私はあらゆるものを現象せしめているそれなのだ」。
《引用終わり》

これが無我の体験…。

《以下引用(p171)》
無我の体験なくして真の自己認識(Atmabodha)はない。アートマン=ブラフマンとなって初めて、あなたは自分がこれまで「私」と呼びならわしてきたものが何の実体もない、単なる言葉の綾であり、思考や感情が造り上げた虚構であったと知るのだ。…ともあれ、無我の体験は、一方では自己喪失の体験であり、あなたがアートマン=ブラフマンに至るために通過しなければならない試練なのだ。その意味は、広漠たる空(無)の中へと自分自身を解き放つことを許さないあなたがいる。生か死か、最後の命運をかけた自我のあがきがそこにある。…

無明長夜の夢を見続けるか、それを終わらせるかはあなた次第である。
《引用終わり》

「梵」=マクロコスモス、「我」=ミクロコスモスという表現もありました。前者(ブラフマン)と後者(アートマン)が一つとなる「梵我一如」の境地を目指し、仏教以前からインドでは修行が行われていました

高崎直道氏の文章がうまくまとまっておりますので、再度引用したいと思います。
《「仏教入門」より引用》
仏教の特質をひとことでいえば、真理と一つになる、絶対との合一ということを目標とする点にあると言えよう。…絶対者との合一を目標とする思想はひろく神秘主義(mysticism)とよばれる。神秘主義はキリスト教やイスラム教の一部にもあるが、主流とはいえない。それに対しインドではヒンドゥー教も「梵我一如」の教えに見られるように絶対者との合一を説く。仏教はむしろ、このインド的伝統に根ざすものと言うべきだろう。なお、わが国の宗教的伝統も神人合一というか、神人未分というべき思想が強い。宗教学の姉崎正治はこの伝統を「神人合一教」と名づけ、キリスト教などの「神人隔絶教」から区別した。
《引用終わり》

《インデックス》

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
L教材の91〜100番まで終わりました。最大・最小の2です。

前回に引き続き、与えられた関数の微分をして、増減表を作成して、グラフの概形をつかんだ上で、ある区間内の最大値・最小値を求めるという問題。「xの関数f(x)の定義域が変数aで定義されているとき、f(x)の最大値(もしくは最小値)bはaの関数となる。この関数を求め、グラフを描け。」というように、より複雑になっています。

ここまでくると、微分してグラフの概形を描くことは何でもないことになりますね。

【グラス片手に大人の公文】数学〔L-100〕

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

れいだ:ST45(胃経 井金穴)

〈取穴〉:足の第2趾爪甲根部の外側、その角を去ること1分に取る。
〈標準〉:足の第2趾、末節骨外側、爪甲角の近位外方1分(指寸)、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

〈筋肉〉:

〈運動神経〉:
〈知覚神経〉:浅腓骨神経。

〈血管〉:第2背側中足動脈の枝。

〈主治〉:足軟無力、足関節障害、趾関節障害、レイノー症、歯痛、鼻血、急・慢性胃腸炎。
〈特殊〉:鎮静・安眠作用。

〈関連痛領域〉

参考文献1「経穴マップ」

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

ブログネタ
★くもん・公文・KUMON★ に参加中!
「ちょうどの学習×ちょうどにする指導」の「自学自習と教材の力」(p229〜389)の「たった一人ではじめる教室改造」(p252〜272)を読みました。(小林教室収蔵

教室改造に関して、これまでのことが総括されている感じです。

まず、マニュアルについて。マニュアルには、指導者自身がつくるマニュアルもあります。
《以下引用(p255)》
思い入れがある分、こっちの方が、始末がわるい。方法とは主体が真理と考えた世界につうじる道筋のことである。思想と考えてもいい。この思想がちがえば、いくら形をまねても、思いどおりの教室にはならない。しかし、一度やると決めたのだから、そうはやめられない。自分なりの理屈をつけて、自分流のマニュアルにこだわるから、生徒はおおいに迷惑である(公文氏はこれを「下手(蔕)は下手(蔕)なりに固まる」と言った)。
《引用終り》
マニュアルについては、この記事も参照下さい。

次に、レイアウトについて。
《引用(p257)》
斉田先生の教室のレイアウトは、8〜9の島形式である。島とは二つのすわり机をくっつけてテーブルのようにしたものである。ここにアシスタントが一人、生徒が5〜7名すわる。先生は教室の前面にイス机にすわってかまえている。アシスタントは採点をしながら、それぞれの生徒の三つの「ちょうど」を看る。先生は「ちょうどにする指導」をおこなう。
《引用終わり》
レイアウトについては、この記事も参照下さい。

そして、指導の点検について。
《引用(p266)》
…指導の点検において進度調整するときに注意を要するのは、次の点である。あくまで学習の見通しをより高くするためにおこなう指導の点検だということだ。この点をおさえておかないと、指導の点検の名のもとに生徒に対するペナルティの濫発になってしまう。…

本来、指導の点検とは指導する側に求められる義務である。生徒が悪いわけではないのだ。…
《引用終わり》
生徒の可能性を大切にする指導の点検については、この記事を参照下さい。

《引用(p267)》
生徒の能力が途中で変化したのを見逃していたのか、または、みずからの指導が徹底できなかったのか、こういう反省が指導の点検にむすびつくのである。生徒の学習態度がなっていなかったとか、こちらの指示どおりに生徒が動かなかったとか、生徒のせいにすることではない。このような状態にしてしまったのは、すべて指導者のほうに原因がある。…

一般の塾でも学校でも、こうした意味での指導の点検はしない。塾などのテスト攻めの授業形態の場合、指導の点検は起こりようもない。点検の必要がないのである。テスト結果は生徒個人の能力差であり、ひとえに生徒の責任なのだ。テストでは実施者が責任を負うことはない。学校もまた、指導する側に責任が発生しない場所である。なにせ、学校は学力だけを養成するところではないから、学力に多少の差が出ても、しぜんなこととして何事もなくとおりすぎる。「学力が低いのに、かれの運動能力はすごい、クラスを引っ張る行動力はめざましい」、指導の責任を棚にあげた、こうした評価で済んでしまう。
《引用終わり》

《インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

ブログネタ
中高一貫校の素顔 に参加中!
2013年度受験用公立中高一貫校適性検査問題集(みくに出版)の「 新潟市立高志中等教育学校」(p300〜307)を読みました。(小林教室収蔵

〈適性検査1(p300〜304)〉
1.(2)
ごはん:3〔はい〕÷5〔はい〕=0.6→60%:40%減
牛肉:450〔g〕÷150〔g〕=3→300%:200%増
牛乳:3〔本〕÷2〔本〕=1.5→150%:50%増
植物油:12〔kg〕÷4.5〔kg〕=2.67→267%:167%増
野菜:250〔g〕÷300〔g〕=0.83→83%:17%減
果物:110〔g〕÷80〔g〕=1.38→138%:38%増
魚介類:80〔g〕÷80〔g〕=1→100%:変わらず
ということで、最も増えたのは牛肉、最も減ったのはごはんだと思うのですが…解答では最も増えたのは植物油となっていますね。よくわかりません。

〈適性検査2(p304〜307)〉
緑のカーテン、LED、ともに宮城県仙台二華中学校・宮城県古川黎明中学校でも出題されています。テーマ選択が似てますね。

《インデックス》

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

ないてい:ST44(胃経 榮水穴)

〈取穴〉:足背上、第2中足趾関節の前、外側陥凹部に取る。
〈標準〉:足背、第2・3中足趾間、みずかきの近位、赤白肉際。

〈筋肉〉:第2背側骨間筋。

〈運動神経〉:外側足底神経。
〈知覚神経〉:浅腓骨神経。

〈血管〉:第2背側中足動脈の枝。

〈主治〉:足軟無力、足関節障害、趾関節障害、レイノー症、歯痛、鼻血、急・慢性胃腸炎。
〈特殊〉:

〈関連痛領域〉

参考文献1「経穴マップ」

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

videoストアで「北斗の拳」を一気見しました。本放送の時はサウザーが死ぬところまでしか見ませんでした。結末が見れて、スッキリしました。

改めて見て気づいたのは、「死ね!」とか「消えろ!」とか、小学校では使ってはいけないチクチク言葉が頻繁に出てくること。身体が吹っ飛んでしまう戦闘シーンも残酷ですし、教育上はよろしくないですね。

この間違いの始まりが正に二元論だと思うのです。つまり、善と悪をはっきり峻別できるという前提。それに基づいた勧善懲悪のかっこよさが全編に流れています。

どこまでも卑劣な悪い奴ら。だからどんな酷い言葉で罵っても良いし、どんなに残酷な方法で殺しても構わない…という論理。

泥棒の財産なら盗んでも構わない、人殺しの命なら奪っても構わない、という法は無いはずなのですが、ケンシロウがそれをやると痛快だと思ってしまう。これが、勧善懲悪のお話の落とし穴のような気がします。

現実には、水戸黄門や必殺仕事人のように分かりやすい悪は存在しません。絶対的かつ恒常的な悪の存在は有り得ません。悪と思える人たちがいたとしても、その人たちにはその人たちの善があり正義があるかもしれないのです。だから、酷い言葉はいけないし、暴力もいけないのです。

そんなことを考えてしまって、昔のようには気持ちが入り込みませんでした。

(2013/1/16記)

標準プラン
 触察35分2000円
  +鍼1本25円
  +灸1壮25円

詳細は以下のとおりです。

触察料:
標準(33分)で 1742円 (前月比−5円)
※100円(2分)単位で増減できます

出張費:
・人数に関わらず:228円 (前月比−5円)

追加項目:
・鍼25円(1本)、灸25円(1壮)

端数処理:
・百円未満は切り捨てとします

※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)99.5は11月のものです。
※当院の価格に対する考え方はこちら

・1月の価格

↑このページのトップヘ