トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

2006年03月

 ブログにつけることで、次々と本の読破に成功したので、今度は通信教育をやってみることにしました。振り返ってみると、アマチュア無線に始まり、空手、英会話、手品、城、と手をつけましたが、最後まで行ったのは一つもありません。

 今回選んだのはテープライター養成講座。実は、今月の初めから開始しました。作家にあこがれていたこともあるので、テキストと一緒に送られてきた分厚い原稿用紙2冊を手にした時、そしてその上にペンシルを走らせた時、快感でした。

 書く内容が思い浮かばなかったから作家になれなかった訳ですが、テープライターは人が喋ったことを書きますから、思い浮かばないと悩むことはありません。それに講演を聴くのが大好きな私でしたから、今度こそ何とかならないかと思っております。

目次
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11
その12
その13
その14
その15
その16
その17
その18
その19

 4月20日の目標はちょうど60kgです。しかし、現段階では63.6〜64.0kgというところ。人間ドックは4月7日と決まりました。

 トレーニングはすっかり忘れていますが、メニューをここにメモらせて下さい。腹筋35回×3セット、腕立て伏せ35回×2セット、足を挙げる運動35回×4方向、首を挙げる運動35回×4方向。

 今日も天気が良かったので、外で娘を遊ばせました。公園の滑り台が気に入ったようで何度も滑っていました。ただ、とてもひとりでは上らせられないので、ずっと手を添えてあげなければなりません。

これもカロリー消費しないかなあ・・・

 よ〜め〜に〜行く日が〜♪と、娘を抱きながら歌っていたら、
「この子が二十歳の時、あなたは還暦なんだからねぇ。早く行ってもらわないと、『孫』が歌えないよ」と、妻に言われました。

 父の心は複雑です。

 今日は4月の価格を決定しました。1月の消費者物価指数(生鮮を除く)は97.7で、前月比で0.4ポイント下がりました。5.1km以上の方の料金を、最大で7円下げさせていただくことにしました。触察料1665円、標準の時間33分、いずれも前月と同じです。

 0.4ポイントも下がったぁ!景気は悪いんだな!と思っていたら、「景気回復基調が確認された」とかで、日銀が量的緩和を解除したとのこと。この指標は前年と比較すべきものらしいですね。前月とばかり比べている僕は、やっぱり経済音痴? と迷いつつ、来月も同じ要領で価格を決めていく予定です。

 地上波デジタルに移行!ということで、これまでのテレビが使えなくなるということは、ほとんどの人の知るところとなったようです。でも、数年の移行期間を設けているとは言え、随分強引な話だなと思います。アメリカでは日本より先行しているそうですが、あの乱暴な国でよく暴動が起きなかったなと感心しました。これは、アメリカ滞在経験12日間、アメリカ人の友達ゼロのわたしの勝手な憶測ですが、地上波アナログばかりを見ている人があまりいなかったのではないでしょうか?

 何か一つの事件が起きると、どのチャンネルをつけてもその話題ばかり!と不満ブーブー言いながらも、結局それを見ているのは国民性でしょうか?BSとかCSとかケーブルとか、いろいろあるようですが、話題の中心はいまだに地上波放送にあるように思います。

 でも、皮肉なことに、デジタル放送への移行が、地上波放送の現在の地位を危うくするのではないかと、わたしは思っています。わたしの場合、じっくりテレビを見る暇がないので、高画質になってもあまり意味がありません。それより、録画してもコピーできないということの方が深刻でして、それだったら、録画できなくてもインターネットで見るテレビの方が便利だなあ、と思い始めているからです。

 インターネットの無料放送(配信)の番組も、最近だいぶ充実してきました。なるべく、こちらの方に重心を移しておいて、アナログ放送がストップして本当に不便だったら、新しいテレビを買えばいいかなと思っています。今回の強引な措置に対する、貧乏人のささやかな抵抗であります。

「うろん語」第二巻目次(その1)を見る

 やっと読み終わりました。6章に鍼灸が効果が有ったという話が出てきました。

 格別の病気があるわけでもないのに、肩こり、腰痛、関節痛などの慢性的な症状があって、なかなかスッキリした気持ちになれない。こういう状態は若い時からある筈なのですが、年齢と共にこの状態に入り込んでいる期間が長くなるようです。これが現代の鍼灸の適応範囲だと、私は考えています。

 病気ではないので、医者にかかっても鎮痛剤を処方されるだけで、積極的な治療は行われません。患者さんも、「医者は何もしてくれない」という不満を抱えている場合が多いようです。こういった不満を丁寧に時間をさいて聞いてあげるということは、高度医療に携わるべきお医者さんには難しいことだし、もったいないことだと私は思います。

 そういう部分も、相補的医療としての鍼灸師の守備範囲なのではないかと思います。

 いつからか目標の数え方を間違えたようで、3月20日の目標は60.5kg、4月20日でちょうど60kgです。来月早々に人間ドック。腹筋35回×3セット、腕立て伏せ35回×2セット、足を挙げる運動35回×4方向、首を挙げる運動35回×4方向、のトレーニングを思い出した時はやってます。

 今日はやれるかな?と思うと子供が泣きだしたりで、必ずしも怠惰ばかりが理由ではないのですが…子供をなだめるのも、結構カロリー消費になるかな?

 もっとも私はたまにしかしませんから、妻の苦労には頭が下がります。でも、育児でゲッソリ痩せたお母さんというのも、いそうだけど見たことないな。余りカロリーは消費しないのかな?

↑このページのトップヘ