トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

ウメさんの口癖は、「もう生きるのに飽きた。こんな長生きなんてするもんじゃないよ。」これの違うバージョンで、「こんな長生きするとは思わなかったよ」という言葉を聞いたことがあった。

若い時、結核になった。その時、肺に玉を入れる治療法が流行っていて、その手術を受けた。ところが、手術後まもなく、その治療法が間違いであることが分かり、すぐに再手術。【ネット検索したら同様の経験をされた方がいらっしゃるようです

ウメさんは詳しく説明して下さったのだが、どうも信じられない。お灸をするついでに傷跡を見せてくれた。肋骨に沿って、背中を横に一本の傷が走っていた。50年以上前の傷なのでそんなに目立たないのだが、背骨の近くから脇の方までの大きな傷である。

ジョージ・ワシントンが当時流行っていた瀉血療法で血を抜かれ過ぎて死んだらしいことは有名な話だ。新しい治療法を模索していれば、後にとんでもないと分かることだってあるだろう。それでも、その当事者に会って、傷痕まで見せてもらえたのは驚きだった。

「こんなお婆ちゃんになるまで生きるなんて、全然思わなかったよ」と、ウメさんは大笑いした。正直、当時の私もそう思った。

最近はこう考えている。長生きというのは、自分の体に合った習慣や考え方を身につけられるかどうかにかかっているのだと。医者も教えてくれない、自分の体にだけ通用するノウハウがあるのだ。もちろん、医者のアドバイスも参考にはなるだろう。テレビや雑誌で見つけた健康法を試してみるのも良いだろう。その人なりの試行錯誤が必ず必要なのだ。

そして、その試行錯誤を始めるきっかけは、人生の比較的早い段階で訪れた方が良いようだ。きっかけが訪れない限り、人は自分の健康を疑わないし、そういう情報に目を向けようともしない。塞翁が馬ということのようだ。

〈最初から読む〉
「訪問日記」一覧

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆

酒田の公益文化大学の近くに、西郷隆盛公を祀った南洲神社があるということで、お参りした。




南洲会館という建物が併設してあったが、残念ながら臨時休館。また来ます!

ちぇすと〜!

酒田の公益文化大学内のホールで、川島隆太先生の講演を聴いてきた。




川島先生と言えば、「ゲームをすると頭が悪くなる」と言いながら「頭がよくなるゲーム」を売り出すという、現代版「矛と盾」の先生というイメージが強かった。が、とても楽しい講演で、私の誤解をも快活に解消にして下さった。

テレビの悪影響については、二つの意味があると思った。

まずひとつは、視聴中は最も高度な機能を持つ前頭前野が眠ってしまうということ。脳細胞の萎縮も確認できているということだから、ハード的にバカになると言える。

もう一つは、最近苫米地先生の話を聴いて確信していたことだったが、テレビの報道に偏向があるということ。嘘の情報は流石に流さないが、メディアやスポンサーの都合の悪い情報は一切流さないので、視聴者はしだいに世の中を歪んだ形で認識してしまう。前項との対照で言うなら、ソフト的にバカになる。

「脳を鍛えるには運動しかない」のレイティ教授の本にあったと思うが、でこぼこ道を転ばずに走るためには足の使い方に関してかなり高度な制御が必要で、そのためにはかなりの脳細胞が活性化する。

そう考えると、不器用では何もできないような昔の遊びが、子どもの頭の成長にいかに良かったかに気づかされる。逆に言えば、ただボタンを押すだけ、画面にタッチするだけで何でもできてしまうゲームがいかに良くないかということになる。

政府主導で教育へのICT導入が叫ばれる中(これは上記のデータを踏まえれば、経済優先の企業論理の押し付けであることが明らかだ、ただ経済活性化も大切ではある、子供のためにはならないだけ)、公文式は頑なに映るほどに慎重な態度を見せている。

紙一枚一枚をめくる。鉛筆を使って書く。鉛筆を自分で削る。…地味だけれども、そこにとっても大切なものが隠れている。それを忘れてはいけない。



写真は昨年もご紹介しましたジュエリーカネコ河北店(山形県西村山郡河北町谷地中央4丁目4−8)さん前。

ブラックフライデーという言葉、今回初めて知った。

クリスマス商戦開始・・・また一年経ってしまった。クリスマス、お年玉、…時も金も足が速い。

本当にブラックだ。

今朝、珍しくゴミ出しをした。昼、一つ残っていたので、どこのバカヤロウかと思ったら、私だった。



誰も来ないうちに持ち帰ろうとしたら、近所の奥さんが犬を連れて通りかかった。

思い切り爽やかに「こんにちは!」と挨拶した。

好感度はアップ?ダウン?

ブログネタ
中高一貫校の素顔 に参加中!
今回は仙台市立仙台青陵中等教育学校(p98〜)の問題。




見たことも聞いたこともないようなものが登場して混乱してしまうのが、中高一貫校の適性検査問題では常なのですが、身近な物にも要注意です。

生地から型抜きして、せんべいが何枚作れますか?という問題。考えているとせんべいの香ばしい匂いまでするようで、集中できない。

問題は内容をしっかりイメージして臨場感を持って解く!のが鉄則ではありますが、臨場感の持ち過ぎもご用心です(笑)。

《最初に戻る》

※個人情報保護のため、登場人物が特定できないように、イニシャルはエピソードごとに変えています。同じ人なのにイニシャルは違っている場合があります。また、Zまで行った場合にはAに戻りますが、この場合は同じイニシャルであっても違う人物ということになります。ご了承下さい。

◆◆◆公文式小林教室◆山形県東根市◆◆◆

「僕の妻と結婚して下さい」見てきた。

実は、先週くらいの飲み会で、止める間もなくこの映画の結末を喋った人がいて大ショックだった。

しかし、大丈夫だった。後半、ずっと泣いていた。

私だけが泣いて娘たちに顔を覗き込まれて映画館を出てから笑われるというのが、いつものお決まりのパターンなのだが、今日は違った。みんな泣いていたらしい。




人生、命、結婚、家族、夫、妻、父、母、子供、病気、…泣いたり笑ったりしながら、いろいろ考えた。

この辺りの紅葉は終わったな…と、ぼんやり景色を眺めていて気が付いた。

紅葉=広葉樹=杉じゃない!




花粉症なんだから、もっともっと紅葉狩りで大騒ぎしないといけない!と思った。

山林が杉に乗っ取られないように。

来年、頑張ろう!

また体重が減ったので、敢えて寝る前にケーキ!




ダイエットで我慢し過ぎて、イライラして、どうにでもなれ!(The What-The-Hell Effect)ということではなくて…

糖質制限が軌道に乗ったということなのか、体重が増えない。

このままでは木枯らしに吹き飛ばされそうなので、禁断の寝る前のケーキ。

寝酒というのはあるが、寝ケーキというのは聞いたことがない。

高校生の時に飲んだ寝酒よりも、罪悪感がある(笑)

この罪悪感がたまらない。

かんし:PC05(心包経 経金穴)

〈取穴〉:大陵から曲沢に向かい3寸に取る。
〈標準〉:前腕前面、長掌筋腱橈側手根屈筋腱の間、手関節掌側横紋の上方3寸。

〈筋肉〉:長掌筋橈側手根屈筋浅指屈筋

〈運動神経〉:正中神経。

〈知覚神経〉:内側前腕皮神経、外側前腕皮神経。

〈血管〉:前骨間動脈。

〈主治〉:正中神経麻痺、心胸痛、動悸、不眠、不整脈、心臓疾患、ヒステリー、精神病。

〈特殊〉:鎮静止痛安神作用。

〈関連痛領域〉

参考文献1「経穴マップ」

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆はりきゅうのトガシ◆◆◆

↑このページのトップヘ