トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

 学生時代のことです。「理論が正しいかどうかを実験で検証するのだ」と工学部の人に話したら、「えっ?それって逆じゃないですか?実験がどれだけうまくいったかを理論と比較するんじゃないですか?」と驚かれたことがありました。

 確かに、学生が実験の演習をしている段階であれば、実験がうまくいったかどうかを評価するには実験結果と理論値の比較をします。この場合は理論が神様(評価の絶対的基準)になります。でも、本来は実験が神様のはずです。現実にマッチしない理論など、どんなに綺麗な数式で表されていても何の意味もありません。

 自然科学でさえそうなのですから、その他の分野においてはなおさらだと思います。理論は頭に入れておくべきですが参考程度とすべきで、現実が全てであり何よりも大切です。

 専門家が子供やお年寄りを理屈にあてはめようとするというのも、こういう本末転倒の一例なのでしょう。

「うろん語」第二巻目次(その1)を見る

 28ページ付近に、子供と同様にお年寄りも言葉とか論理とか理屈の通じない世界なのに専門家は枠にはめてしまおうとする、という指摘があります。子供とお年寄りだけを理屈の通らない別格の存在とするのは、私はどうかと思うのですが、専門家にはそういう性癖があるということはスゴクうなづけることです。

 論文発表とか資格試験の受験勉強とか、専門家になるためにはまず机の上で頑張らなければいけないわけです。そして何事も、『これは教科書の何ページに書いてある○○に該当する!』的な分析を行い、同じく教科書の何ページに書いてある対策を参考に対処する、ということになります。それを速やかにできる人が、よく勉強しよく訓練している人と評価されるのでしょう。

 でも、そんなマニュアル通りでいいのなら誰も苦労はしません。マニュアルがあるがために、そしてそれをきちんと頭に入れている優秀な専門家であるがために、全てのケースをマニュアルにある項目のどれかに強引に該当させて、不適切な対処をしているということはないのかなぁと私は思います。

 子供とお年寄りには理屈の通じないという三好さんの意見には首を傾げますが(理屈が通じないのは大人も同じだと思います)、子供とお年寄りには強引な対応がしやすいと思います。だから、それが横行しているということをおっしゃりたいのではないかと思います。

 ハラマキはじめました。やはり暖かい(*^。^*)しかし、ズボンがきつい。昨日、服を着たまま体重を測ったら65.6kg!!!!!!でも今日は、服を脱いだら63.6kgで、服の重さは1kgでした。昨日より1kg減ったようです。

 目標設定も虚しくなって来ていますが、今月の目標は62.0kg。腹筋35回×3セット、腕立て伏せ35回×2セット、足を挙げる運動35回×4方向、首を挙げる運動35回×4方向は、日中できるときにやることにしました。寒いと、つい暖かいものを口に運んでしまうのですが、体を動かして暖をとるという発想に変えていかなければなりません。

 娘はパパという発音がしやすいらしく、よく「パパ!」と言います。アンパンマンを見て「パパ!」というのはいいのですが、鼻をホジホジしながら「パパ!」、オナラをしては「パパ!」。悪いことは全部パパの真似ということになってしまいました。

 ある御客様から聞いた話です。この方は健康に関する講演会に行って来たそうなのですが、講演の最後の質疑応答で「体脂肪率が出る体重計で、しゃがんで測ったら体脂肪率が下がったのですが、どうしてですか?」という質問が出たそうです。講師の先生の答えは「メーカーに聞いて下さい」ということだったらしいのですが、講演会から帰って来て試してみたら、やはり体脂肪率が2%くらい下がったそうです。私も試してみましたら、なんと10%も下がりました!

 この理由、おおよそ検討はついていたのですが、NHK「きょうの健康」テキスト(2004年8月号)に書いてありました。現在販売されている家庭用体脂肪計は、体全体の電気抵抗を測定して体脂肪率を推定しています。したがって、体の電気抵抗が変化すると測定値も変わってしまうのです。手や足を曲げても電気抵抗は変わりますから、手足は伸ばした状態で測らなければいけません。

 他にも体脂肪率が下がる(電気が流れやすくなる)要因としては、
・下肢への体液の移動
・運動による体液の移動
・食事による体水分の増加
・運動,入浴,食事による体温上昇
などがあるそうです。

 一方、体脂肪率が上がる(電気が流れにくくなる)要因としては、
・就寝
・運動による発汗,脱水
・サウナ,入浴による発汗,脱水
・アルコール飲料摂取による発汗,脱水
などがあるそうです。

 とにかく、あくまでも推定値ですから、同じ条件で測定し、長い期間の変化の動向を見て、健康管理に役立てるべきもののようです。

 20年ほど前に買った般若心経入門という本を、また引っ張り出して読んでみました。般若心経は、「(この世の全ての)構成要素の本性は『空』であると見究めることによって、一切の苦しみから救われた」という文で始まります。この世は全て空だと見なせば、ストレスが無くなるよ!と言っている訳です。

 ストレス発散とか、ストレス克服という言葉はよく聞きます。現代人は、生じてしまったストレスをどう処理するか?ということは考えるのですが、ストレスを生じないようにするにはどうするか?という根本的なことには取り組んでいないような気がします。それに取り組んで、ひとつの発想法を見つけたのが、釈迦なのではないかと思います。

 自分の心の中にストレスを生まない発想法には他にどんなものがあるか?と考えても、ちょっと頭に浮かばないのですが、『空』という発想法が一番有効かつ実用的であるように私は思います。これを心がけて、それでも心が乱れた時には「修行が足りない」と反省した昔の人々はやっぱり偉いと思います。

 ただ、この発想法だけでは生きられないと思うのです。この世の全てが空だと言われたら、何もやる気がしなくなると思います。だから、麻薬のような強力な鎮痛剤として常備しておき、苦しいときに少しずつ使うべきものなのでしょう。

「うろん語」第二巻
目次
その2:「理想と現実と」
その3:「呼吸法」
その4:「雪に思う」
その5:「助さんはどこへ?」
その6:「古きを温めて」
その7:「師と士」
その8:「参加することに意義?」
その9:「テレビが使えなくなる!」
その10:「人を評価するということ」

「うろん語」第一巻目次(その1)を見る
「うろん語」第三巻目次(その1)を見る
「うろん語」第四巻目次(その1)を見る

 著者の三好春樹さんは理学療法士として、老人介護の仕事に携わって来た方です。日経新聞で紹介されていた記事を読んで興味を持ち、ネットで検索して、この本を買いました。

 老人介護については、自立支援というスタンスが以前から奨励されていまして、私も自分の仕事にその方向性を取り入れられないか模索してきました。介護保険の出費を抑える必要性から、行政の方では更に自立支援に力を入れることが表明されています。そんな中、異を唱える人として記事で紹介されていましたので、興味を持ちました。

 私は、健康保険や介護保険の下に入らないことを自分の仕事の目標にしています。そうすることで、御役所が打ち出した方向性と違う方向で自分の仕事を行い、相補的な役割を担いたいからです。代替医療のひとつと位置づけられる鍼灸は、そうあるべきだと思います。

 また、実際問題、介護保険で行われている介護サービスに、全ての老人が順応できているとは思えません。「介護保険で助かっている人もいるんだろうねぇ?」と、私に問いかけるお客さんは少なくありません。介護予防のための筋トレにしても、「そんなことまでして長生きしたくない。いつ死んでもいいんだけど、病気になれば医者に行くよ。」という考えの方も多いのです。御役所の机上で考えた計画通りには、なかなか行きそうもありません。

 こういった様々な問題の解答を得られるとは思いませんが、多くの示唆を含んだ本だと期待しています。

 今月の目標は62.5kg。測定日の今日、恐る恐る体重を測りました。64.2kg。やはり、順調に増えています。腹筋35回×3セット、腕立て伏せ35回×2セット、足を挙げる運動35回×4方向、首を挙げる運動35回×4方向をちゃんとやらなければ!

 それでも去年の同じ時期と比べると3kg近く痩せている筈です。ウエストも幾分痩せたのでしょう。腰の辺りのすきま風が最近とても気になります。去年はズボンのホックをはずして、ベルトを一番ゆるくして、それでもきつくて、寒さどころではなかったのですが。腹巻を買おうかと、真剣に考えています。

 市でやっている育児相談に、先日一緒について行きました。待っている間、置いてある絵本を娘に見せたりしていました。すると、近くにいた男の子がヨチヨチ歩いてきて、絵本を覗き込んできました。「汽車ポッポだねぇ」とか「ウルトラマンだねぇ」とか話しかけていたら、その子に「パパ!」と言われてしまいました。傍にいたその子のママが「あら、パパって初めて言った!自分のパパには、まだ言ったことないのに!」
 自分の顔が若干赤らんでいるのに焦りながら、急いで妻の顔を見ました。

 ある御客様の御宅に伺ったときに、柿を4つに(十文字に)切って干しているのを見つけました。網戸のようなものに広げて、まるで梅干のように。普通は一個丸ごとを紐で吊るして干しますから、珍しくて目に留まりました。丸ごと干してから切ると中身がドロッと出てきますから、切ってから干した方が料理しやすいし、食べやすいし、揉まなくていいから楽だということでした。

 その後、別の御宅にお邪魔しましたら、90歳になる御婆ちゃんが、

「干し柿をむいて肩が凝った」
とおっしゃっていたので、早速4つに切って干す話をしました。そうしましたら、とても興味を持たれまして、

「4つに切るって言ってもよく分かんないな」
と言って、ナイフと柿を一個持ってきました。

「ちょっとやってみて」
「!」
私も意外な展開に驚きながら、柿をむいて十文字に切って見せました。

「ほう!これはいいことを聞いた。今年の柿はもう終わったから、来年試さないとね」とおっしゃいました。この気持ちが長生きの秘訣なんだなぁと私も関心しました。そして、その次の一言が良かった。

「また一年、死ねなくなった。」
 あれから二年。「あなたから教わった方法はとっても重宝だよ」と先日、言って下さいました。

↑このページのトップヘ