トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。




車のドアを開けたら蚊!飛蚊症じゃなくリアルな蚊だったので即購入!

以前、ハンドルを握る手に蚊が止まっているのに気がついて事故りそうになったことがある。

以来、おでかけカトリスは車内に常備。しかし、電池も切れて薬の効果も切れてる感じ。

新しいのを入れ替えたらギュンギュン回る…そして…




落ちてきました(^^)v

昨日、娘を送って山形駅まで行った。十字屋の駐車場に止めていたので、何か買って駐車代を浮かそうということになり、少し早い昼食を取ることに。

「十字屋ラーメンってあったよね?」と、ふと思い出した私。
「え?知らない。」と、妻。

レストランに行って見てみると、あった!十字屋ラーメン!

あんかけがかかっていて五目ラーメンぽいんだけど、五目ラーメンは別にある。多分、五つ無くて、その分リーズナブルなのかもしれない…。

この日は、長袖のビジネスマンも見かけるほど、過ごしやすい陽気。熱いラーメンも冷たいラーメンも行けそうなので、十字屋ラーメンと冷たいラーメンを頼んだ。




何十年ぶりかの再会…十字屋ラーメン。

懐古の気持ちで店内を見渡した。正午少し前だが、お客様は居た。おばさん2人連れと老紳士が1人。さらに客は入って来そうな感じ。

若い人はいないけど、平日にこのくらい人が居るんなら大丈夫なのかな…。こんなのも悪くないね…。と思って帰った。

すると、今朝。



え!従業員はもう知ってたんだろうけど、タイミング良過ぎ。俺たちが潰してきたみたいな感じだ(笑)。

この建物を最初に見た時は、とてもワクワクしたものだけど…。大学時代、ゲロ吐きながら歩いた時もこの建物は有った…。

調べたら、最後の「十字屋」らしい。来年1月、「十字屋」は思い出の中だけの存在になる。




「今日、お願いできますか?」と、若い男性の声だった。症状やら何やら、訪問する前に聞きたかったが、電話が鳴ったのは丁度別のクライアントの家の前に着いた瞬間。長電話をするわけにはいかない。住所と名前だけ聞いて、訪問時刻を決めて、そそくさと電話を切った。

その訪問時刻に伺ってみると、30代くらいの男性。左太腿の裏(承扶穴付近)が痛い。膝を伸ばしたまま股関節を曲げると痛みが走る。膝を曲げたままなら痛くない。典型的なヘルニア。こんな教科書通りの人はなかなかいない。

「ヘルニアって言われてますか?」と尋ねると「はい」。

数年前にヘルニアと言われていて、痛くなったり治まったりを繰り返している。先月、MRIを撮ったら、5番に大きなヘルニアが見つかったとのこと。

「一番下ですね。」と言ったら、「6番は無いんですね?」とおっしゃるので、
「腰は5番までです。首は7番まで、胸は12番までとなってます。大抵は(笑)」

会話のレスポンスが速い。目がクリっとしていて、表情の変化も速い。とても話しやすい感じ。

「手術は薦められましたか?」と尋ねたら「手術しなくても治ると言われました。」

「そうですね。なぜか分からないけど、ヘルニアは自然に治ることが分かったので、最近は手術はしないですね。」「そうそう、(主治医の)先生も『なぜか分からないけど』と言ってました。」

「ラッキーなことに、大きいヘルニアの方が治りやすいことが分かっています。ヘルニアは、椎間板が無いはずの所に飛び出して存在するので、白血球が異物と認識して食べるんじゃないかと言われてます。大きい方が異物だとハッキリ分かるから早く食べられるんじゃないかと。」
「(主治医の)先生もそう言ってました。」

「コルセットとかもやってるんですか?」
「はい、仕事の時は。そうじゃない時はしない方が良いんですよね?筋力が弱くなるから。」

「そうです!主治医の先生がそう説明されたんですね?」
「ええ。」

「良い先生ですね。なかなかそこまで説明して下さる先生が少ないみたいで、風呂に入る時以外はコルセットは外さないという方が結構いらっしゃるんですよね。寝ている時なんか意味が無いと思うんですが、お守りみたいな感覚なんでしょうかね…主治医の先生はどこの先生ですか?話が合いそうです(笑)」
「実は、こっちには今住んでないんですよ。お盆で帰省中なんです。かかっているのはあっちの先生でして。痛み止めとして飲み薬と座薬と両方もらっているんですが、昨日から座薬も効かなくなってきまして。鍼はどうかなと思ったのでした。」

触察してみると、腰の筋肉が非常に硬い。痛いのは太腿だけれども、痛みの原因はそこにはいない。腰に鍼をして硬い筋肉をほぐし、承扶穴付近には皮内鍼で痛みを抑えることにした。

腰の筋肉は硬く、鍼がなかなか入らなかった。しかも、筋肉の反応がいい。鍼を進めるごとに筋肉が伸縮を繰り返し、鍼先を確かめているみたいだ。鍼を抜いてみると、案の定、鍼は全部曲がっていた。この筋肉の反応の良さが、椎間板を潰してしまったのかもしれない…。

「お酒は飲みますか?」と尋ねると「ほとんど飲みません。必要なときしか。」

「お酒を毎日飲む人だと痛み止めの効きが悪いという事があるんですが、そうではないんですね。ずっと飲んでいるから効かなくなってきたということでしょうね…」
クリっとした目が笑っていた。これも主治医に言われたことらしい。

「こういう場合、痛み止めと鍼を交互に使うことによって、痛み止めの効果を持続させることができます。こちらにはいつまでいらっしゃいますか?」
「明日帰ります(苦笑)」

「では、鍼が合うようでしたら、あちらで鍼治療を受けてみて下さい(苦笑)」

クリっとした目が笑っていた。

「カルテ物語」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆




都会のスイカと田舎のスイカ…

娘の所に行き来するようになって驚いたのは、「スイカ」の違い。

横浜でバスに急いで乗って「前払いだよ!」と運ちゃんに言われ、財布を出したら、

「え!現金なの?」

向こうも驚いている様子だったが、こっちもえらく驚いた。みんなスイカを持って、バスに乗っている。

この話を山形の人にしたら、サッカーボールを持つように丸いスイカを小脇に抱えてバスに乗っている光景を思い浮かべる人がまだ結構いるんじゃないだろうか?もちろん「そんなはずはない…」と、すぐに打ち消すだろうけど。数カ月前だったら自分は間違いなくそうだった。

今回、娘の新幹線のチケットを「えきねっと」で買った。

学割は使わないことにした。2割引きにはなるけれど、乗車券だけ。えきねっとなら特急券(指定席込)も割引になるし、25%とか35%とか引かれるから断然こっちの方が良い。

えきねっとのポイントはスイカに入るらしいが、MySuicaにしないと入れられないと聞いたので、チケットを発行してもらうついでに最寄りの駅で変更してもらおうとした。

ところが…エリア外なのでダメとのこと。「エリア外」の意味が分からない。新幹線(厳密にはミニ新幹線)が止まる駅のみどりの窓口なのに…スイカがエリア外???

尾花沢スイカとバッティングするから?と、ふと思った(笑)。

駅員さんの説明を何度聞いても理解できないので、きっと説明が下手な駅員さんなのだと思った(自分の理解力は疑わなかった)。

ネットで調べたら、Suicaそのものが複雑なのだということが分かった。

やはり、尾花沢スイカとは違う…。

触察Plainプラン33分2000円
触察Mediumプラン53分3000円
触察Premiumプラン73分4000円

詳細は以下のとおりです。

触察料:
・33分で 1653円 (前月比-2円)

出張費:
・人数に関わらず:347円 (前月比+5円)

追加項目:
・鍼50円(1本)、灸50円(1壮)

端数処理:
・百円未満は切り捨てとします

※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)100.2は6月のものです。
※当院の価格に対する考え方はこちら

・8月の価格




「足が痛くて歩けないんです。」と、そのクライアントは電話で訴えた。

足と言っても膝なのか、そうじゃないのか…歩けないと言っても立つことはできるのかどうか…いろいろ聞きたかったが、
「痛くて我慢できないので、なるべく早く来てください!」
ということだったので、早速伺うことにした。

玄関で「ごめんください!」と言うと、「はい!」という声がして、お婆さんが出て来てくれた。この人がクライアントだった。膝をなるべく曲げないようにしたぎこちない歩き方ではあるが、歩いていた。

一歩も歩けない訳ではないようだ…。

症状を伺うと、
「とにかく痛くて痛くて…足も腰も手も」とおっしゃる。首と腰の手術を受けているようだ。脇で聴いていた旦那さんは几帳面な性格のようで、奥さんの手術歴を書いたメモを私に見せてくれた。

それによると、10年ほど前に腰の手術、5年ほどの前に首の手術をした。何れも狭窄症らしい。しかし、痛みが改善することは無かった。整形外科には今も通院していて、痛み止めや貼薬(痛み止め)をもらっている。内科医からは、血圧の薬と睡眠導入剤。

「とにかく、何してもダメなんだな…。医者は良くしてあげようと思って手術してくれたんだろうけど、変わり無く痛いんだ。失敗したってことだろうな。○○さんは、あなたの治療で、立てないのが一か月で治ったって聞いたから、頼んでみたんです。この痛みが無くなったら、もう天にも昇る気持ちだよ!」

○○さんは、確かに私が一年前に治療して、一か月ほどで劇的に良くなったクライアント。しかし、一見症状は同じに見えても中味は一人一人全然違うので、今後の経過を予言することはできない旨を伝えた。実際、○○さんとこのクライアントの共通点は「痛い」ということだけで、場所も程度も微妙に違うし、手術歴は全く異なる。要するに、共通点は皆無と言って良い。
「○○さんは、私ほど酷くはなかったんだろうね…」心なしか自慢げに聞こえた。

「鍼治療は経験ありますか?」と尋ねてみると、前にやってもらったことがあるけど全然効果が無かったとのこと。そして、いろいろな治療を試した話をしてくれた。口に指を突っ込んでくる中国式(?)の治療法、たくさんのロウソクを灯してひたすら呪文を唱える治療法など特殊なものから、整体やカイロ、医師によるブロック注射も経験済み。ただ、結果は全て同じ。「全然効果が無かった!」

「どれも1回しか行かなかったとかじゃないですよね?」と尋ねると、「1回じゃ分からないでしょ!2回は行ったよ。」

2回だけか…。

「全然効果が無かったというのは、痛みが全く変わらなかったということですか?」
「そうだよ。」

「痛みが変わらなかったということですが、痛みって毎日変わるものだと思うんですよ。同じ日でも朝と夜で違いが有ったりします。全く変わらなかったというのは大雑把過ぎるような気がするんですが…(笑)」と、前置きして、

「こういう時は酷くなるとか、こういう時は比較的楽だとか、ありませんか?」と尋ねてみると、

「2分くらい歩くと、もう痛くて歩けなくなる。だから、ちょっと家の周りを一周するだけでも休憩しないといけないんだよ。」とおっしゃるので…

「ひょっとして、歩かないと痛くないんですか?」
「うん」

「えっ!座っていれば痛くないんですか?」
「正座は痛くてできないよ。でも、椅子に座ってたら痛くないよ。痛かったら座ってられないじゃないか!」

「じゃあ、寝てる時も痛くないんですか?」
「だから(笑)。痛かったら、寝てられないじゃないか。」

「そのための睡眠導入剤じゃないんですか?」
「年寄りだから、眠れないだけでしょ。」

「えーっと…じっとしてても痛いのを安静時痛と言いますが、これで悩んでいる人もいっぱいいるんですよ。○○さんは、寝てても痛いので眠れなかったとおっしゃってました。」

「腰を手術したのに痛いなんてことがあるの?」
「狭窄症の手術をしたのに安静時痛が全くないとしたら、大成功かもしれませんね…」

彼女はこれまで、首と腰への施術は、これ以上ひどくなると悪いからという理由でどこの治療院でも拒んできたとのこと。5年以上経過しているし、棘筋への施術は避けるし、背骨をひねったりもしないから心配無用であることを説明し、施術を行った。

2分以上歩いた時の運動時痛は流石に1回の施術で解消することはなかったが、肩や腰がとても軽くなったと喜んで下さった。

「カルテ物語」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆

触察Plainプラン34分2000円
触察Mediumプラン53分3000円
触察Premiumプラン73分4000円

詳細は以下のとおりです。

触察料:
・33分で 1655円 (前月比+3円)

出張費:
・人数に関わらず:342円 (前月比-5円)

追加項目:
・鍼50円(1本)、灸50円(1壮)

端数処理:
・百円未満は切り捨てとします

※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)100.3は5月のものです。
※当院の価格に対する考え方はこちら

・7月の価格

長女が公文国際学園に入った。最初に断っておくが、妻が公文の先生をしているから無理に娘を説得したわけではない。100%、娘の意志だ。

あれは、地元にある中高一貫校の説明会から帰って来てのことだった。
「公文の中高一貫校っていうのもあったよね?そこに私が入りたいって言ったら入れるの?」と聞かれた。
「入りたいと言っただけじゃあ入れないけど、勉強頑張れば入れるかもしれないよ。」と答えた。
「じゃあ、頑張ってみる。」と言って、「公文国際学園に絶対合格する!」と書いた紙を机の脇に貼った。
こちらは「入れるもんなら入ってみなさい。まあ、せいぜい頑張れや。そうやって頭に入ったモノは、どこの学校に行っても役に立つから。」と思って、見ていた。

合格発表を見て驚いたのは、親の方だった。

入学はさせたものの勝手がわからず、こちらもドタバタしていたので5月の体育祭にも行けず、連絡事項の確認の仕方なども最近ようやく分かってきた。7月1日のクラス懇親会に顔を出して、やっと何とか公文生の保護者の市民権を得たような気分だ。

懇親会の自己紹介でも話したのだけれど、地元山形の人に「娘さんはどこの中学に通ってるんですか?」と聞かれて「横浜の公文の学校です。」と答えると、かなり取り乱す。「えっ?」「何で?」あるいは「…(絶句)」。病院か少年院とでも言われたようなリアクション。全くの想定外なのである。

そして、「大変な決断をされましたね。」とか「娘さんがよく『うん』と言いましたね。」とか「とっても寂しいでしょうね。」とか言われる。しかし、どれも肯定できない。大きな決断をしたという実感が無いし、娘の方から『うん』と言っていたのだし、寂しくもないのだ。

全く寂しくないと言えば勿論嘘になる。いなくてせいせいした、とは思っていないから、どちらかと言えば寂しいかな…というくらいのもの。だって、昔とは違うから。スマホがあり、LINEがあり、かけ放題があり…こっちにいる時よりコミュニケーションは増えたような気がする。

目の前にいれば「何してんの!」とか「早くしなさい!」とか、ネガティブな事ばかり言っていたに違いない。「頑張れよ!」なんて温かい言葉をかけているかどうか。それに、娘も父親を毛嫌いする年頃の筈だ。その兆候が無いうちに遠く離れたことは幸いだったかもしれない。スマホも加齢臭を伝えることは流石にできまい。

今回土産に持って行った一本杉のあげまんじゅうを寮の娘の部屋にいたお友達に配った。そのお友達の一人が言う。「虚数って何?」

娘が首を傾げたので、その質問は私に回ってきた。寮の高校生の先輩から問題を出されたらしい。分からないので答えを教えてもらったがそれでも分からない。私の説明は、先輩の説明より少しだけ分かりやすいと言ってもらった。しかし、ここは、まんじゅうをかじりながら、こんな話をする場所なんだと驚いた。

虚数を理解して嬉しくなって、後輩をからかう。からかわれた後輩は分からなくて悔しくて誰彼構わず尋ねる。凄く自然な、勉強へのモチベーションだ。

帰国子女は珍しくない。保護者には金髪の人も華僑の人も。中学時代からこんなにいろいろな学友に恵まれていたら、大人になってからよその国と行き違いが生じても、絶対に仲良くする手立てを考える筈だ。絶対に銃口を向けようなんて思わないはずだ。そう考えたら、とても嬉しくなってきた。

だから、山形の人も、是非ここを子どもの進路の一つとして考えて欲しい。全くの想定外では、子どもの可能性が狭まってしまうから。寮が完備している学校って、地方の人に門戸を開いているとも言えるじゃないか。

もちろん、山形の学校がダメだと言ってるんじゃない。子どもに選択肢を提示する時に、メニューの片隅に、この学校があっても良いんじゃないか?ということだ。

もっとも、私の娘は親が差し出したメニューに無いものを見つけ出し、オーダーしたのだけれど。

↑このページのトップヘ