トトガノート

「鍼灸治療室.トガシ」と「公文式小林教室」と「その他もろもろ」の情報を載せています。

送られてきた。これは?これに申し込めというのか?一体何者がこれを?


と、密林から荷物が届いた時には、思うようにしている。

きっかけは、妻から問い詰められた時だろうか?
「何、こんなデッカイもの買ってんの⁉」
「いや、全然心当たりが無い…こんなデッカイもの。」
と、正直に答えてから荷物を開けてみると、デッカイ箱の中に小さなプリンタのインクが入っていた…。

それ以来このドキドキ感がたまらなくて、全然心当たりのない物が届いたふりをする。妻を騙すためではない。自分を騙す…サプライズが仕掛けられたような気分になる…ちょっとだけサスペンス(父さんにはもうこんなささやかな楽しみしかないのだ…)。

格安への乗り換えを最初に考えたのは、長女の進学が決まった今春。長女の同級生が次々とスマホを持ち始め、「みんな格安にしてるみたいだよ〜うちはいいの〜?」と妻に詰問され、調べた。でも、親元を離れる娘に、親も使ったことがない格安スマホを持たせるのは不安。何かあった時に、どうしたらいいのか分からなくなる。そこで、私のタブレット(電話機能付)を持たせた(幸か不幸か、出発間際に故障して、新品と交換してもらったのでお古ではない)。

そんな顛末で、熱い議論も喉元を過ぎたので忘れていた。再燃したのは、今月初めに長女が今までの数倍のペースでパケットを消費し始めたから。

「これでは破産する!かくなる上は格安しかない!」ということで、再びWEBサイトを見比べ始めた。(※尤も、パケットを使い過ぎたからと言って、上限を超えても使えなくなるわけではない。遅くなるので動画は見れないがメールチェックとか最低限のことは問題なくできる。よって破産はしない)。

この格安スマホに注目したのは、今使ってる電話機がそのまま使えるということ。すぐ近くには取次店は無いが、ネットで結構間に合いそうである。2年縛りもない。パケットの繰り越しもギガ単位ではないし、家族で分け合えるし、どうも繰り越し分から消費されるようだ。

これは大きい…。今契約している大手キャリアでは、繰り越しはギガ単位。しかも、月替わりにパケット量の契約変更をすれば繰り越しは無効。だから実際問題、効率よく繰り越しができるケースは極めて稀なのだが、運よく繰り越しができたとしても繰り越し分は最後に消費される。今月分を使い切らないうちは繰り越し分は手が付かない。しかも、それで残った繰り越し分が更に翌月に繰り越されることはない。有名無実の繰り越しである。

人は、変化を好まないものである。現状を変えるということはエネルギーも要るし、何某かの既得権益を失うことだから。そして、現状を変えない合理的な理由を考え出そうとする。自分への言い訳を考える。

かつて、iphoneの導入を最後まで渋っていたのがこのキャリアである。私は日本の携帯電話メーカーに勤めていたこともあるので、日本のメーカーを守ろうとしている姿が格好いいと思った。多少不利でも、このキャリアで日本製アンドロイド・スマホを使い続けようと決心したものだ。

しかし、最早そのような大義名分は跡形もない。有名無実なものを宣伝に掲げるのは、詐欺とは言わないが、誠意が無い。しかも、価格体系が複雑で、専門のショップに行ったところで、店によって説明が違ったり、同じ店でも店員によって説明が違ったりする。それでも安いのならまだ良いが…。

この大手キャリアにとどまる合理的な理由を考え出すことができなくなっていた。メリットがひとつも見当たらない…。

我が家の5回線分を試算すると、月々1万円くらいは安くなる。違約金が発生しても元は取れると、あるサイトには書いてあったが、24回払いの残債もあるので、違約金がなるべく発生しないタイミングで少しずつ乗り換えることにしよう。

まず、1回線、格安で契約して使い勝手をテストしてみることにした。キャンペーン期間中でもあるし。

その結果、冒頭の荷物が密林から届くこととなった。

こちらから始めるとお得です。(2017/11/9まで)

最近の次女のお気に入りの3冊。



「パパ!神様はね、その人が背負えるくらいの重さの荷物しか与えないんだって!だから、大変なことになっても、頑張れば絶対大丈夫なんだよ!」

あんた、仏教徒だろ!俺を励ましてるのか?俺が大変なの知ってんのか?それ結構昔から言い古されてる…とか、いろいろツッコミどころはあったんだけど…「良いこと言うね!」と取りあえず褒めておいた。
「感動したんだよ。この本に書いてあったの。ん?これだったかな。いや、こっちかな。んー、このうちのどれか(^^)v」

義足を付けた姿が本の表紙を飾るなんて考えられない…そんな雰囲気が今まではあった。でも、思い切りジャンプしている少女の写真を初めて見た時、私は素直に「カッコイイ!」と思った。

英語ではhandicappedと言う。でも、誤解を恐れずに言えば、advantageなんじゃないかと思うくらいに、カッコイイ。可哀そうだとか、気の毒だとかいう感情は、少し考えてから生じた。

もちろん、この本の主人公たちも、最初は「荷物」だっただろうし「handicapped」だっただろう。でも考え方を変えて頑張ることで、「荷物」は「荷物」じゃなくなるし、「handicapped」は「handicapped」じゃなくなるし、「可哀そう」を「カッコイイ」に変えることができる。そして、それは本人たちの感動となり、本となり、さらに多くの感動を生む。

最近では、重い物を持つ時に腰に装着する装置(装具?ロボット?)も開発されている。今の基準で言うところの健常者でも、将来は日常的に何かを体に装着する時代が来るだろう。義手、義足というものに対する見方も変わっていくだろう。というより、こういった本が次々出版されるようになってきたのは、まさにその変化の端緒に違いない。

そんなことをいろいろ考えたが、こんな話を次女にすると、すぐあくびをして寝てしまう。さて、何て言おうか…。

「君の前に今立ちはだかる壁は何だ?」
「んー、何かな…。」

「神様は、君が大したことできない奴だと思ってるみたいだな。もっと、頑張りなさい!」
と話を結んだが…

次女の読後の感動を台無しにしてしまったような気がしてならない。

9日、次女の小学校最後の運動会が終わった。

一年前は、長女の小学校最後の運動会。それまでの5回の運動会で、長女はずっと負け組に属していた。運動会が近づくと「また、きっと負けるよ…」と長女は浮かない顔をしていた。

何とか元気づけなければ…。

「ずっと、負けるっていうのも凄いんじゃないか?確率を計算すると、1/2を6回掛けるから1/64。つまり64人に一人の貴重な存在になるんだよ!学年に一人(長女の学年は百人までいない)、居たとしてもニ人くらいしかいないことになるよ!君は全敗の女神だ!」

この苦し紛れの屁理屈を、長女は気に入ったらしい。運動会の勝ち負けを気にしなくなった。

しかし、運命はいたずらをやめなかった…。長女の組(赤組か白組かは忘れた)が勝ったのだ。

「やったね!勝ったね!」

でも、長女は浮かない顔。ていうか泣いていた。「うれし涙?」と妻に聞くと首を振った。

いつしか彼女は全敗の女神を狙っていたらしい…

負負負負負勝のパターンも確率は1/64になるはず。もともと特別なオンリーワン♫なのだ。しかし、そんな慰めは効きそうにない。

勝って悔し涙って、どう扱ったらいいか分からない┐(´д`)┌ヤレヤレ

今年、次女の赤組は負けた。組頭を務めた彼女は、閉会式で皆に感謝の弁を述べながら泣いた。

負けて悔し涙…ノーマルな涙に私はホッとした。

触察Plainプラン33分2000円
触察Mediumプラン53分3000円
触察Premiumプラン73分4000円

詳細は以下のとおりです。

触察料:
・33分で 1652円 (前月比-1円)

出張費:
・人数に関わらず:348円 (前月比+1円)

追加項目:
・鍼50円(1本)、灸50円(1壮)

端数処理:
・百円未満は切り捨てとします

※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)100.1は7月のものです。
※当院の価格に対する考え方はこちら

・9月の価格

※身体の上の方から並べました。

・片頭痛
・パーキンソン病
・突発性難聴
・五十肩
・ばね指
・胃全摘の後…亜急性連合性脊髄変性症
・腰痛
・腰椎椎間板ヘルニア
・狭窄症手術の後…下肢の痛み
・膝関節痛
・こむらがえり
・ふくらはぎの痛み new!

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆




このクライアントは、10日1回のペースで体のメンテナンスをしている。もう何年ものおつきあい。
「この前の日曜日、20キロ歩いてたら、途中で足が痛くなって歩けなくなったんですよ。妻に車で迎えに来てもらいました(笑)。一旦落ち着いたんだけど、またさっき、高いところに上がろうとして、やっちゃった。」と言って、左足の腓腹筋(ふくらはぎ)をさすっていたのは8月初めの施術の時だった。

「ウォークラリーに参加されるんでしたね?」

彼は一か月後のウォークラリーの大会に初参加する。日本ウォーキング協会主催のマーチングリーグ公式大会で、9月初めに庄内で開かれる。40、30、20、10キロのコースがあり、彼は初参加ながら40キロに挑戦するとのこと。

「ほとんどマラソンと同じ距離じゃないですか!いくら歩きとは言え…。」初めて聞いた時、私は叫んだ。

マラソン大会は珍しくなくなったが、ウォークラリーの大会が県内で行われているとは知らなかった。参加者は、北海道や鹿児島からも来るらしい。タイムを競ったりはしない。全員が完走ならぬ完歩を目指す。ただ、きりが無いから、早朝出発して16時までにゴールできなければ車に拾われる。

7月初めの施術日に、参加を決めてトレーニング(数キロ以上歩いたり、縄跳び1000回以上)を始めたことは聞いていた。面白いことに(と言ったら不謹慎だが)、このトレーニングを始めた途端、彼のコリのパターンが急に変わった。一番顕著だったのは、ふくらはぎ(腓腹筋)。それまで右ふくらはぎだけが硬かったのにその硬さはなくなり、左ふくらはぎが硬くなった。しかも腓腹筋内側頭だけ。

7月はその後2回施術したが、コロッという硬結は同じ。でも、痛みを訴えることは無かった。

それが、8月になって、トレーニング中に痛み出した。奥さんから迎えに来てもらってからは、トレーニングを休んだ。2日ほどで良くなったのでトレーニングを再開。ところが、ちょうどこの8月最初の施術の直前に、高いところに上がろうとした瞬間、腓腹筋に痛みが走った。

「ちょっと鍼やってみますか?」私は鍼を勧めてみた。
腓腹筋の硬いところに、1番鍼(直径が0.16mm)を6本。

施術後、彼は立って恐る恐る左足に重心を移した。
「どうですか?」と私が尋ねてみると、
「おっ!痛くない。さっきまでこんなふうにできなかったから。」

8月はその後も2回施術を行ったが、トレーニング・メニューを元に戻しても痛みは感じなくなったので鍼は行わなかった。

9月の初め、彼は大会に参加し、見事完歩した。さぞや満足かと思ったら、
「80歳越した人たちがいっぱい参加しててね〜、スイスイ抜いていくんだよ。いや〜まいったね。」

「カルテ物語」インデックスはこちら

◆◆◆鍼灸治療室.トガシ◆山形県東根市◆◆◆
◆◆◆県外の方は温泉に泊まりながらがお薦めです◆◆◆




以前も紹介しましたお客様の猫、ジャフくん

最近ご無沙汰でしたが、今朝はお休み中。シャッターの音で目を覚ましました。

今朝は朝帰りだったとのこと。昨夜は旧盆、満月で、真夜中は明るかったようです。

夜遊び、楽しんだ?まさか墓参りじゃないよね?




ふと網戸越しに外を見たら、同じクモの巣にクモが4匹。

1匹だけ大きいから親なんだろうか?

蜘蛛の子をちらしたように…という表現があるように、小さいクモがパーッと広がって行く様は何度か見たことがある。だから、そんなふうに散らばっていくんだと思っていたんだが、同居したりするんだろうか?

別な場所に巣を張った方が絶対有利だと思うのだが、実家(?)に引っ掛かる獲物が圧倒的に多ければ同居も有りかもしれない…。

ちなみに山形県は人間の3世代同居率No.1。クモの同居率も高いのか?




車のドアを開けたら蚊!飛蚊症じゃなくリアルな蚊だったので即購入!

以前、ハンドルを握る手に蚊が止まっているのに気がついて事故りそうになったことがある。

以来、おでかけカトリスは車内に常備。しかし、電池も切れて薬の効果も切れてる感じ。

新しいのを入れ替えたらギュンギュン回る…そして…




落ちてきました(^^)v

↑このページのトップヘ